ラスト!サンフランシスコ

ロサンゼルスからサンフランシスコまで飛行機で1時間。
同じカリフォルニア、同じ西海岸なのにサンフランシスコの雰囲気はL.A.とは異なる。
以前聞いたことがあるのだが、サンフランシスコは夏に来ると寒く感じ冬に来ると暖かく感じる街だという。
平均気温が年間を通して13〜23度程度と振り幅が小さいのも過ごしやすそうだ。

そして街全体がとてもオシャレでカワイイ。
前々から思っていたことなのだが、坂のある町は国内外を問わずどこも情緒的な雰囲気があるように思っている。
函館、横浜、神戸、尾道、長崎、バルセロナ、行ったことないけどクロアチアやニースなどの美しい風景も坂にある街並みだ。

サンフランシスコはそんな坂の町の中でも群を抜いて大きい。
ケーブルカーが縦横に伸び、ビックリするぐらいの急勾配をグイグイ登っていく。
IMG_1392.JPG

あの方と同じ通りの名前は有名だが、わかっていてもついつい「お」となってしまう。

IMG_1397.JPG

空が曇っているのはこれらの写真は2010年に撮ったものだからだ(笑)

ここサンフランシスコで疲れが一気にまとめて出てきたのと、これまで放置していた自差ボケのツケによる寝不足の合わせ技だったのだろう。
昼過ぎにホテルにチェックインしてから翌日本番日の会場に向かう16時までの28時間のほとんどの時間をひたすら寝こけていた(笑)
夕食に合流もせず、時々起きてはポカリを飲んでまた寝るを繰り返していた。

おかげさまで本番は体調バッチリ。
ツアーラストは絶好調で締めくくることができた。

たっぷりとった睡眠時間のおかげでようやく自差ボケも治ったのだが、帰国日前日というのがやや恨めしい(笑)

始まる前は最後まで倒れずにやり遂げられるのだろうか?という不安があった。
ブラジル、チリ、アルゼンチン、メキシコ、ロサンゼルスにサンフランシスコ。
5カ国6本。
本数だけならば普段もっと密度の濃いスケジュールをこなしているVAMPSではあるが、移動日と本番日を繰り返す日程には慣れていない。

4月の大陸横断ツアーとはまた違った状況ではあったが、しかし終わってみればちゃんと終わることができていた(笑)

また一つ、大きな経験値を得られたと思う。
そしてそれは皆さんの応援あってこそ得られる貴重なことだと常に思っています。

みなさんありがとうございます(^^)

出国前に無理やり書き上げちゃっているので推敲や校正がほぼできておりません。

が、なんとなくアメリカにいるうちに今回のツアー日記は書き上げてしまいたかったのでとりあえず更新してしまいます。