月別アーカイブ: 2016年4月

好きな言い回し

ぐぬぬ…
しばらく続いた「偶数日更新」にミソがついてしまった。
最近どうも眠くなる時間が早くなってきており、22時前に寝てしまうことが増えてきた。
深酒をさせまいという自己防御力がそうさせているのか、とにかくその頃になると猛烈に眠くなってくる。
そうなると当然目が醒めるのも早くなり、だいたい4時半〜5時半ぐらいにパッチリと目が醒めてしまう。
さすがにそこから「第二ラウンドうぇーい!」と酒を飲むわけにもいかないので、テレビをつけて大きな事件がないかを確認しつつコーヒーを挽いて飲む。
 
それはそれで良いのだが、当然それだけ早く起きてしまえば夜は早く眠くなる。
 
悪循環ならぬ「良循環」である。
 
には違いないのだが、生活のリズム的には混乱をきたすことも多いので全てが都合よく回ってくれているわけでもない(笑)。
お酒ももうちょっとだけ飲みたい
 
今日は日常の会話の中でワンポイントアクセント的に使うピリッとした言い回しについて書いてみたい。
 

「今の言葉そっくりそのままリボンつけて返すわ」
口喧嘩の常套句ともいえるような、カウンターパンチ的言い回しである。
某巨大掲示板では「お前モナー」と変化を遂げて現在に至る。
挑発してきた側に2倍のダメージを与えるなかなか効果的な技だ。
 
しかしこの言葉の攻撃力の高さを知っている人は、使うことを躊躇するかと思われる。
発動するのは簡単だが、その後の険悪な空気感に耐えられないかもしれない。
使い方を誤ればさらに大きなダメージを浴びるかもしれない諸刃の剣でもある。
 
好きな言い回しである“ゆえん”は、その辺りの心理的駆け引き感にあるかもしれない。
 
lgf01a201410272200-20160127174100
 
仕事内容ではない楽屋トークというのは基本的にトーンが明るい。
本番前の緊張感を和らげるような内容をみんなで意図して選んでいるわけでもないだろうが、結果としてはリラックスできるような内容の話をしていることが多い。
そういったムードの中では、上記のようなケンカ口調のような言い回しも絶妙なスパイス的に面白さを増幅させる効果がある。
言葉の面白さを実感できる瞬間でもある。
 
僕が好きな言い回しを紹介してみる。
全て同じ効能なのだが、
「あまつさえ〜」
「言うに事欠いて〜」
「どの口がそれを言う?」
の3つだ。
 
例えば某ベーシストが次のようなことを言ったとしよう。
 
「今年は落ち着きのあるジェントルマンを目指そうかと思っているんですよね」
 
まさかそんなこと、ネタですよねそれ?と思ったあなたはシロートさんである。
彼はそういうことをウケ狙いではなく真剣に言う漢なのである。
 
こんな時に上記3つの好きな言い回しをからめてコメントをするわけだ。
「何を言うのかと思ったら…」といったこれまた適材な言い回しを持ってきて後は好きに使えばよい。
 
 
こういった愉快な返し技を繰り出す機会などなかなかないだろうと思ったあなたはまたしてもシロートさんである。
VAMPS楽屋は激しく厳しいツッコミや返し技の応酬の連続なのだ。
 
尚、最近ではさらに「チッ!」と露骨な舌打ちをするとか、あるいは不愉快そうに机を叩くといった過激な返し方もまかり通るようになってきている。
その場だけを切り取ってみたらば「みなさん相当仲が悪いんじゃ?」と思われても仕方がないような状況だが、そうではなく単にツッコミどころ満載の隙だらけの会話を好んでしているだけなので、どうか心配なさらないようお願いしたい。
 
 

こんなことを書いたのは他でもない。
自分の中で今から精神的リハビリをしているからである。
 
ここ二ヶ月ほど各メンバーとほぼ顔を合わせておらず、いきなりまたあの濃い人間関係の中にダイヴしていくのだ。
並の精神力しか持ち合わせていない僕などからすれば、やはりイメトレから始まり、彼ら同等の応酬力を思い出しつつ、また防御力を中心としつつもある程度言葉の攻撃力も身につけておかねばならないのだ。
 
データの整理やキーボードパートのおさらいなどの準備をしつつ、そういった別の準備もしているというお話でありました。
 
軽いネタのまま終われた(笑)