二日酔いの特効薬

前回の公約通り軽い話題を書いてみる(笑)
 
先日「飲み過ぎた翌日の二日酔いの克服の仕方」についてマネージャーKちゃんと話をした。
彼は僕より20歳も若いクセに結構な酒豪なのだが、やはり二日酔いには悩まされていたらしい。
それがコンビニでもどこでもすぐに買えるあるドリンクを寝る前に飲むことで驚くほど効果が出たというのだ。
 
ウコンのチカラ、ヘパリーゼといったオーソドックスなものから、結構高額な二日酔い錠剤等の対策に驚くほど詳しい。
僕もサメミロンというアヤシゲな試供品を何錠かもらって飲んだことがあるのだが、実際効果テキメンだった。
サメミロンを飲んで10分ほどでたちまちジワーンと身体が楽になっていくような不思議な感覚になる。
 
こりゃすげー!(・∀・)
 
ちなみに深海に生息するサメのバイタリティーの源となるウンチャラカンチャラエキス配合というのがウリらしく、「サメを見ろ、見習え」から「サメミロン」という商品名になったらしい。え?
 
悪意の解釈ではなくホームページに限りなくそう書いてあるのだ(笑)
効果はテキメンで驚くほどにシャキッとできるのだが……
 
サメミロンはもうちょっとネーミングを真剣に考えるべきだったんじゃないだろうか?
と大きなお世話なことを書いてしまったが、品質に関しては太鼓判の商品である。(かなりお高いのともうちょっと少なめのパックを作ってくれれば良いのになぁとまた大きなお世話なことを思ってみる。100錠単位じゃなくてせめて48錠、できれば24錠とかで出してくれませんかねぇ?酒飲みの心境的に最低100錠というのはかなり購買欲を削いでいるとも思うんですよねぇ…)
 
気になる方はググッてみてください(笑)
 

話を戻してコンビニにも売られている二日酔い撃退ドリンクとは?
gekiyasuitiba-asia_000805
明治の「R-1」ドリンクタイプ!
 
J「えええ?これ一時期テレビで話題になっていたやつだけど本当にきくの?」
K「いやいやこれがかなり深酒した日の翌朝でも本当につらくないんですよ!」
 
もしそれが本当なら夢のドリンクではないか!?
どれだけ痛飲しても翌日ケロッとできる!
酒飲みにとってはまさに鬼に金棒ではありませんか!(^o^)
 
かくして早速これを購入し、しばらく飲み続けてみることにする。
どこにでも売っていて1本130円というのも嬉しい条件だ。
 
説明を読むとR-1に入っている1073R-1なる乳酸菌がイロイロとやってくれるらしい。
second_image
(1073R-1乳酸菌)
ヤクルトでおなじみのシロタ株よりも細い!ってそれがどうした!(笑)
 
細かい理屈はよくわからないけれども、コツとしては定期的に飲み続けてこの菌が常に腸の中にいるようにすることが大切らしいのだ。
とりあえずは毎日寝る前に1本飲み続けてみること一週間。
 
!!!
 
確かに目覚めた時のスッキリ感が違うような気がしてきた!
ゆうべはビールを2本に赤ワインをボトル半分飲んでからさらに40度の強い焼酎をサーモスロックで3杯飲んだにも関わらずへっちゃらだ!
 
さらに翌日も同じ量の酒を飲んでからR-1を飲んで寝たのだが、やはりつらくない。
 
えええ!
これはすごいかもしれないぞ!R-1!
 

しかしちょっと冷静になって考え直すことにする。
多分このR-1は二日酔いの緩和に生み出された飲み物ではない。
おそらくではあるが、かなり邪道な飲み方なのではあるまいか?(;^_^A
 
さらに違う方向で考えてみる。
 
大量にお酒を飲んでも次の日つらくない魔法のドリンク剤。
 
しかし、それって…むしろ、
 
大酒を助長、促進するだけなんじゃ?(-“-)
 
 
酒飲みが恐れているのはやはり飲みすぎたことによる様々な副作用だ。
眠くなったりちょっとおしゃべりになったりするぐらいならまだいい。
 
だが記憶が曖昧になったり人格がよろしくない方向に変わったり気持ち悪くなったり戻してしまったりどうやって家まで帰ったのか不明だったり裸踊りをしてみたりバンドメンバー全員を立たせて王様ゲームで容赦ない王様っぷりを発揮してみたりその後クーデターを起こされてつぶされたり最近ではバス車内で酔いつぶれて頭に油性マジックで666の落書きされたりって全部自分のことか!?
 
そうはなりたくないからオトナは自分の適正な酒量を知り「飲みすぎたな」と思えばウーロン茶に変更したりウイスキーを薄めの水割りにしたりしているのだ。
……早くオトナになりたいものである。
 
それがどれだけ飲んでもチャラになってしまう魔法の薬を手に入れてしまったら、、、
 
ここ数週間ベストな丸氷の製法実験を並行してやっていたこともあるが、いくらなんでも酒量が多すぎた。
これだけ飲んでも案外平気な翌日。
これはきっとよろしくない。
というよりこれを続けていたら倒れる。
 
 
やはり飲みすぎた翌日は気持ち悪くて「あーゆうべは飲みすぎた!猛省!」といった、せめてそれぐらいの心境と体調不良に打ちのめされ落ち込む時間ぐらいはなければいけない。
それがあってこそ「今日は小休止するか」とかせめて「ビールだけにしておくか」といったメリハリもつくのである。
 
そういったわけで僕は2週間ほどR-1を飲み続けていたわけだが、、、
昨日をもって快適な日々を封印する決意を固めた。
 
きっとR-1にはその他の素晴らしい作用を身体にもたらせてくれていることは容易に想像がつくのだが、僕にとってはダメな方向に向かいかねない危険なドリンクであると判断した。
 
さらば!R-1!
魔法のヨーグルトドリンクよ!
 
 

 
というのが理由の一つ。
 
もう一つの理由は、
 
毎日130円、一ヶ月4,000円、年間48,000円。
 
…ならその分も飲んでおこうか!
 
 
というのはオチ用の冗談であるので本気にしてはいけない。
 
が、それだけあれば随分飲めるなぁと思ってしまった以上、オチ用の冗談になってないのかもしれない(笑)