コーヒーミル

コーヒーを飲むのが好きな人は多いけれど、豆を挽いてドリップして淹れるという人はそこまで多くないと思われる。
コンビニやファストフードのコーヒーも今はそれなりに美味しいしわざわざ手間暇かけるほどでもない、という方がほとんどであろう。
 
近しいところで最近コーヒー豆を挽くことに凝りだした方がおられる。
 
その方は「どうせやるなら…」と必要な道具を揃えるにしてもデザインや機能面を考慮し、二度三度の失敗を重ねながらも1〜2ヶ月かけて納得のいく着地をしたらしいことを詳しく綴っておられた。
事情があって誰のことだかは秘密である。
 
読んでいて「ははぁなるほど!」と膝を打ったり、「え?そっちに行ってみるのか…」と自分はしたことのない選択を試みていたり、まさに紆余曲折を経た様子が伝わってきた。
 
みなさんには詳細をお伝えできなくてザンネンな限りである(笑)。
 
 

さて、僕自身も以前からコーヒー豆を自ら挽いて飲んでいる。
最初のミルは当時北海道に住んでいたゾンビ友人がプレゼントしてくれたものだ。
彼はずっと喫茶店のマスターをしていたので当然コーヒーにはうるさい人間だ。
そんな彼が選んだミルなのだから間違いがあるはずもない。
IMG_8350
(今も愛用し続けているカリタ製ドームミル)
 
デザイン面では少々無骨な印象を受けるかもしれないが、豆を入れる上部は蓋がしまるように設計されているので挽いている最中に豆の破片が飛び散ることもないし、木製なので静電気も発生しにくい。
やはりスタンダードな形になるのには理由があるのだ。
 
そういったことをあまり意識せずに使っていたのだが、近しい方の悪戦苦闘記を読んで初めて自分の恵まれた環境に感謝した次第である。
 
ハイド君ありがとう!って結局バラすんかい!(笑)
 
 
しかしこのミルも数年間使っているうちに問題が起こってきた。
基本的に旅先でも美味しいコーヒーを飲みたかった僕は全国ツアーにもこのミルを同行させていたのだが、さすがに度重なる旅が重なり(笑)、ミル自体が振動や衝撃で少しずつ歪み始めたのだろう。
気がついたら挽き具合を調整する金具がスタックしてしまい、かなりの粗挽きしかできない状態になってしまった。
豆によってはそれでも問題ないのだが、僕の好みはもう少し細挽き傾向だったので買い換えることにした。
なおこのミルは「粗挽き専用ミル」とすることにした。
 
実際にコーヒーミルを使用している方ならわかると思うのだが、挽き具合の微妙な調整は非常に手間がかかる上に何度も何度も豆を挽いてみてベストな挽き具合にたどり着く根気のいる作業なので、挽き加減別にミルを複数所有するのは悪くない選択でもあった。
 
かくして二代目のミルを導入することにした。
IMG_8349
(カリタ製コーヒーミルKH-5)
 
せっかくなのでいただいたミルとは違う形を探す。
初代のような引き出しタイプではなく挽いた粉を3〜4杯分溜めておける胴長タイプを選んだ。
これなら多めにドリップする時でもいちいち引き出しから出さなくて済むので手間が省けるではないか♪
 
それに気がついた俺は勝ち組だ!
 
と思ったのだが、その胴長が利点であると同時にやや欠点ともなった。
本体の背が高くなった分グルグルとハンドルを回す時の安定性がいまひとつよろしくなく、少々挽きにくい。
 
あらら…美しくないなぁと思ったものの、これは椅子に座って太ももに挟んで挽くことで解決したが美しくない、が問題はない(笑)。
少々のことはねじ伏せてしまうのが悩まずに生きるコツであろう(笑)
 
 
そんなわけで柔らかめの豆や一杯分だけ挽くときは初代ミルを、固めの豆や数杯分淹れるときは二代目を使い分けるようになった。
IMG_8351
(それにしてもお宅のキッチンには華がありませんね〜なんて思ったりしてはいけない(笑))
 

基本的にコーヒーは毎日2〜3杯飲んでいる。
豆の消費量はほぼ一定で、200gを大体一週間で消費している。
 
ここ数年はずっと地元のカルディーコーヒーファームを利用しているのだが、このお店は販売単価が200gなので実に都合が良い。
一週間に一袋である。
豆マークのスタンプを店員さんに押してもらうのも楽しみの一つである。
カードいっぱいの豆マークが揃うと全品10%オフ&400円分のコーヒー豆割引という特典があるのだ(^^
せち辛い昨今にこの特典!いよっ!カルディーコーヒー!太っ腹である(^^
 
この時は生ハムとクリームチーズと赤ワインをついでに買う。
コーヒーは400円引きだわ酒も肴もついでに1割引だわ…
 
この多幸感たるや!(*´艸`) 
 
って私はカルディーコーヒーの回し者ではない(笑)
IMG_8352
(次回でポイントいっぱいになりそう(喜))
 
以前は「カフェアンデス」という銘柄が好きで迷わずそればっかり買っていたのだが、近年の南米のコーヒー不作で一昨年ぐらいから出回らなくなってしまったのが悲しい。
カフェアンデスに代わる定番の豆が見つからいまま早2年。
そろそろ販売再開してくれないものだろうか?
 
 
近年では空気の入る真空パック(?)のようなもので売られているようなコーヒーもあるが、やはり焙煎したてのものがとにかく一番美味しい。
 
カルディーコーヒーには買って袋に入れた状態のものを助手席にポイと置いておくだけで、車の中がコーヒーの素敵な香りで充満するぐらいの「当たり日」がある。
週に一度平均で買っている割には未だに法則が掴めないのが悩ましい。
誰か最新焙煎情報をリークしてくれないものだろうか?(笑)
 

尚、コーヒー豆を毎週買い求めている僕を「この贅沢者!」と思った方がいるかもしれないが、実際は全然そんなことはない。
 
もっとも安いと思われるセブンイレブンやマクドナルドのコーヒーが一杯100円。
毎日2杯ずつ飲んでいたら一ヶ月に6000円。
これがスタバやタリーズや、あまつさえ談話室滝沢だったら……おぉ恐ろしい(笑)
 
一方のカルディーコーヒーの豆はそんなに高くないものさえ選ばなければほとんどが500〜800円程度。
つまり月に2000〜3500円程度。
 
酒と同じくして恒常的に消費していくものに関してはなるべく安価に抑えたいものである。
僕は手間暇を惜しむことなく、いやむしろその手間暇を楽しみながら、
 
これからも安く美味しくコーヒーを飲み続ける!(どどーん)
 
 
……むしろ毎朝目覚めてからゴリゴリと豆を挽いている悠長な時間こそが優雅で贅沢なんじゃないの?と思ったあなたはおそらく正しい(笑)
 
どーもすみません(*´艸`) ←