月別アーカイブ: 2016年5月

続・お酒の話

引き続きお酒の話題である。
ビールという飲み物の懐の深さを前回書かせてもらった。
IMG_3482
2015年4月25日FORT ROCK FESにて。ビールはとにかく野外が絵になるお酒だ
 
ところで僕はビールばかり飲んでいるわけではなく、他のお酒もよく飲む。
ビールだけで終わることは少ないというか、ほぼない。
自分にとってとても大事なお酒ではあるのだが、あくまでもスターター。
「さて…次は何を飲もうかな?」という真打ちがたいていビールの後に控えている。
 
よく飲んでいる順番で他のお酒についての感想を述べてみたい。
 
○焼酎
焼酎は主に和食に合う酒だ。
氷を浮かべてロックで飲むことが多いが、寒い時期にはお湯割にして飲んだりもする。
好みの種類は芋、麦、米あたりであろうか。
芋はくさみがあるぐらいの芋らしい芋焼酎が好きである。
麦焼酎は香ばしい系ブームの時にかなり飲んだくれてはみたが、最近は原点にかえってクセのないすっきりした系を飲むことが多い。
米焼酎は糖質ゼロの日本酒味、と思って飲むと大変オトク感を感じられるというか、日本酒の代用のような飲み方をすることが多い。
 
普通の焼酎は25度ぐらいの度数が多いのだが40〜50度といった強い度数の焼酎も存在する。
これもまた悪くなく、40度オーバーの黒糖焼酎なんて最高だ。
冷凍庫に入れてトロッとさせて飲むと殺人的に美味しい。
102042_1
ちょっと珍しい茜霧島。運良く手に入れられたらラッキー♪
 
○ウイスキー
ウイスキーを飲むのは食事を終えた後のタイミング。
基本的に肴やアテといったものは必要なく、ロックでチビリチビリと飲むのが好きだ。
自分にとっては寝るまでの趣味の時間や映画鑑賞などにもってこいのお酒だ。
スコッチ、バーボン、シングルモルト、ブレンデッドなどいろんな種類があるが、よく飲むのはバーボン。
安くて美味しいウイスキーは圧倒的にバーボンが有利だと思っている(笑)。
 
EzraBrooks
知名度は低いが侮れない美味しさと安さが魅力的なEZRA BROOKS。
 
IMG_4416
ジャパニーズウイスキーの山崎や響なども素晴らしく美味しいのだが、値段がちと高いのが難点だ。いただきものの良いお酒はまさしくチビチビと飲む(笑)。
 
○赤ワイン
一時期はもっとも好きなお酒であったのだが、ここ最近はかなり頻度が減ってきた。
このお酒に限ってはどうしても「赤ワインに合った料理」というものが欲しくなってくるのだが、どうもここ数年でそういった赤ワインによくあうような濃厚な洋食系の味はたまに食べたくなる程度になってきており、どうやら味覚の嗜好が変化してきたようだ。
以前は毎日でも飲んでいたかったのだが、そんなわけで滅多に飲まないお酒になってきている。
ただし、美味しいチーズを入手した時や鶏肉をトマト煮込みにした時やハーブソルトでグリルした時などは「ここぞとばかりに」赤ワインの出動となる。
Montes-Alpha-Cabernet-Sauvignon1
安定の美味しさMONTES。
 
○日本酒
もしかしたら一番好きなお酒なのかもしれないのだが、滅多に飲むことのない禁断のお酒でもある。
理由はいくつかあるが、まず言えることは「美味しすぎて飲みすぎて二日酔い」という三段ダメ論法まっしぐらが約束されているお酒でもあるので、当然自制心が働くのが第1点。
そしてもっとも糖質が多いお酒であるということが第2点。
糖質オフダイエットで減量に成功した過去のある自分としては、どうしても敬遠しがちになる。
しかし極上の刺身を買った時や北海道の親戚から新鮮な海産物がクール便で届いた時、あるいはお正月やおめでたいことがあった時などの特別なときは、満を持してありがたく飲む。あぁ幸せ。
jozentop_03
高くて美味しい日本酒はたくさんあるが、安くて美味しい日本酒は案外少ない。
 
○その他
テキーラやウォッカなどの度数の高いスピリッツ系がずっと苦手であったのだが、先日アポカリプティカさんにいただいた「フィンランドで一番美味しいウォッカ」というものを恐る恐る飲んでみたところ……これが悪くない(^o^)
IMG_9170
クセがないのでクイクイ飲めてしまうのが恐ろしいが悪くない。すっげー酔っ払うけれども(笑)。
 
まったく飲めなかった紹興酒も、円卓の中華料理店に入った時はすすんで飲むようになった。
 

といった感じで普段よく飲むお酒についてザックリと書いてみた。
全ての基本としては「状況に合ったもの」を選ぶようにしている。
 
和食ならばビール&焼酎or日本酒。
洋食ならばビール&赤ワイン。
中華ならばビール&紹興酒。
B級フードはビール&ビール…&ビールとなる(笑)。
 
もはや飲めない酒なんてないのでは?
と思いきや、、、一つだけあった。
 
唯一封印したお酒のジャンルがある。
いわゆる「缶チューハイ系」と呼ばれているアレらだ。
営業妨害になりそうなので写真は掲載しないが、口当たりがよくアルコール度数が案外高く、そして気がつくとプッツリと記憶が飛んでしまうアレら!(;^_^A
 
記憶が飛ぶことはよくあるのだけれども、缶チューハイで記憶が飛んだ時は要注意で、実際過去にロクでもないことばかりやらかしている(らしい)。
 
度重なる失敗を経て数年前に“次回生まれ変わるまで封印したお酒”となっている。
 

 
昨日今日と酔っ払いながら書いているのだけども、実に淀みなく筆が進むなぁ(笑)。
 
普段は書き上げてから一晩寝かせて更新しているのだけれども、お酒の話題でもあるので公開してしまいましょう(^^) 。
(誤字脱字があったら指摘してくだされ)