ライフマスク

去年のハロウィンのときにかつてないほど大変なメイクをしたことをこのブログにも書いた。
 
 
僕のお題は映画「マッドマックス」に出てくる「イモータン・ジョー」の仮装だったのだが、数年前から映画業界の特殊メイクさんが参加してから完全に「仮装」の域じゃない本格的なメイクとなっていた。
 
この時に僕の顔のカタを取ってもらったのだが、そのカタでこの度ライフマスクを作っていただいた。
さらにイメージとピッタリな素敵な額縁と、某秘密結社を思わすようなアヤシゲな革製のいかすペンダントまでいただいた。
 
IMG_9360
(単純に1/1スケールのライフマスクなので自分とまったく同じ大きさである) 
 
そのどれもがなんとも不気味な雰囲気で、何度も凝視してしまうようなクオリティーである。
 
特殊メイクの岩倉さん、ならびにスタッフのみなさま、
 
ありがとうございます!
 
 
しかし……こういった機会があるというのもよくよく考えてみれば貴重な話だと思う。
 
カタをとってもらった時の閉塞感とかメイクをしているときの大変な感じというのも、案の定今となっては「あの時は大変だったなぁ」といった過去の話となってしまっているので、当然今の自分はつらくもなんともない。
 
貴重な経験が思い出として残ることだけでも素晴らしいことなのに、こういった手に取り見ることのできる物質として残ってくれるなんて(^^) 
 
 
家に持って帰ってしまうのももったいないので、しばらくは事務所に置いておいて、ことあるごとに人を脅かす用途に使いたいと思う(笑)