満員電車

VAMPSのおかげで百戦錬磨の経験値を得られてきたここ数年間だった。
ほぼ毎年の全国ツアーや、いろんな国に行っての公演やアメリカや南米やイギリスでのワールドツアーといった貴重な経験を重ねることもできた。
10年有効のパスポートはあと数ページでいっぱいになってしまう。
 
そんな我々ではあるのだが、ほとんど未経験のまま過ごしてしまったいろんなこともままある。
例えば今日のタイトルになっている満員電車だ。
 
23dae824c91c48e61fa2d0cbcbb0d90cef5227461401387862
 
僕は社会人になってから約30年、ほとんどこの満員電車というものに乗ったことがない。
夜時間帯の電車に乗ることは珍しくないが、やはり大変なのは7〜9時台の朝時間帯だろう。
この10年の間で朝のラッシュアワーの通勤電車に乗ったことが何回あるだろうか?
 
多めに見積もっても10回はないと思う。
 
念のため自慢をしたいわけではない。
多くの人が当たり前のように経験していることを知らないまま生きてきてしまっていることに、危機感を抱くまではいかなくとも「オトナとして大丈夫なんだろうか?」と思ったりするのだ。
 
imgb839f4c3zik1zj
(ヒドい国の満員電車。これで死人は出ないのだろうか?)
 
今回の大阪入りの新幹線の時刻は東京駅発8時半。
明らかにもっとも混雑する時間帯に電車に乗らなければならない。
そのことを知った時から家を出発するまでの絶望感といったら!(笑)
 
普通の社会人は毎朝当たり前のようにこの混雑をやり過ごしているのか……
と思うと畏敬の念にも近い感情が沸き起こる。
 
「みんなすごい……俺は今こんなにもへこたれているのに」
 
そんな気持ちになる満員電車が言うまでもなく苦手だ。
 
ちなみに今回はスーツケースを事前にホテルに送っておいた。
満員電車に持ち込んで周囲の冷たい空気感に晒されるのが怖かったからだ。
 
歯ブラシとシェーバーだけ当日持っていけばいいや、と配送手続きをした後になってポロポロと忘れ物に気がつく。
「あ、サンダル入れ忘れた」
「あ、電源ケーブル入れ忘れた」
「あ、どうせなら2リットルのグリーンDAKARAとかも詰めちゃえばよかった」
 
まぁいい。
 
かくして満員電車のストレスを軽減するための努力をできるだけして就寝する。
 
明日の朝の満員電車を頑張って乗り切ろう!
 
 
そして当日の朝、
ダイナミックに寝過ごす(笑)
 
駅まで150%の早歩きをしながら歩きスマホ状態で路線検索で最短時間を調べる。
まずい…
乗り遅れそうだ。
 
いつもののんびりルートで東京駅に行っていたのでは間に合いそうもないので、混雑が激しく乗り換えが多くて面倒だけど品川を目指すことにする。
東京発の7分後になるのでギリギリの時間稼ぎもできる。
 
それにしても事前に荷物を送っておいて本当によかった。
この状態でスーツケースをガラガラ転がしていたら、途中でくじけて泣いていたことだろう。
 
私鉄2本を乗り継いでターミナル駅を経由して山手線に乗る。
 
そして気がつけば品川。
ギリギリどころか20分前に到着した。
 
あれれ?
 
さっきの路線検索ではギリギリだったのになぜ?
と思って画面をよく見ると「+経由」に余計な駅が入っていた。
何度検索しても絶望的な時間になるわけだ(笑)。
 
そして、さらにあれれ?
 
慌てて焦って汗かいて品川に到着することだけを考えていたからだろうか、満員電車の印象が妙に希薄だ。
あれ?そんなに大変じゃなかったぞ?
 
品川駅でグリーンDAKARAを買ってほぼ一気飲みする。
 
そして前日遅くまで飲みすぎたことを今更告白しておく。
こんなわかりやすい寝坊をしたのも久しぶりだ。
 
 

といったしょうもない昨日の朝を経て今日に至る。
夕べも少々飲みすぎたようだ。
 
ポカリを飲んで支度をする。
さらに時間が余ったのでブログネタにしてしまえ!