新幹線

前回の満員電車からの流れで電車の話題を続けてみたい。
 
日本には世界に誇れる素晴らしい高速鉄道がある。
誰もが知っている新幹線だ。
 
東海道新幹線に代表される時速300km/hの超特急は世界でもっとも時間に正確で、世界でもっとも事故が少なく、そして世界でもっとも美しい電車だ。
 
近年やたら利用することの多い新幹線だが、ライブツアーをやっていない頃の自分はどうだっただろうか?と振り返ってみると……
 
小学生の頃に家族旅行で1回。
中学生の頃に修学旅行で1回。
高校生の頃に修学旅行で1回。
オトナになってからは旅行で3回ぐらい?
購入した中古車を引き取りに遠方まで片道1回。
 
そんなものだと思う。
 
それが全国ツアーに参加するようになって新幹線の乗車回数が一気に増えた。
また同時期に大阪の専門学校講師を不定期でするようになり、東京-新大阪の往復をすることが年に5回ぐらいプラスされ、ここ10年は毎年それまでの生涯乗車合計を軽く上回る利用頻度となっている。
 
新幹線の時刻表を見てみると、改めてその本数の多さにビックリさせられる。
多くの時間帯では1時間の間に15本前後、おおよそ4分に1本のペースで運行されているのだ。
ひかりやこだまも含めてとなるが、驚異的な本数であることに変わりはないだろう。
Shinkansen
そしてほぼ遅れることなく定刻通りの毎日の発着。
世界から見れば奇跡のようなダイヤグラムなんだそうだ。
 

5年ぐらい前に流行ったジョークにこんなのがあった。
 
日本人「なんてこった! 電車が定刻から10秒遅れやがった!」
 
イタリア「なんてこった! 電車が定刻で来やがった!」

インド「なんてこった!いつも遅れる列車が定刻に来やがった!」
「安心しろ。あれは昨日の列車だ!」
 
 
海外の特急電車のイメージはせいぜいが1時間に1本程度。
そんな少ない運行量にも関わらずダイヤは当たり前のように大幅に乱れる。
30分や1時間の遅れは珍しくもなく、インドに限らず丸1日遅れたりする国も普通にあるらしい(笑)。
 
IMGP0912.JPG
 
僕は以前イタリア旅行時のフィレンツェとヴェネチアの往復時にユーロスターを、エジプトではルクソールからカイロまでの寝台夜行特急を利用したことがあるが、どちらもダイナミックなダイヤの乱れ方をしていた。
 
エジプトではパック旅行を利用したのだが、「カイロ博物館見学(ただし列車の運行によって見学時間が変わります)」といった但し書きがつくほどで、1時間の遅れで済んだのならラッキーぐらいに思った方がいいらしい。
IMG_2190.JPG
 
埼京線などの一部通勤車両のダイヤの乱れや混雑具合の評判が悪いようだが、世界の鉄道事情とはまた別次元の話となると思われるので、ここでは言及しない。
 
 

 
さて、ここからの話はやや鉄っちゃん方向になっていくのだが、現在東海道新幹線は700系と呼ばれている車両が使用されている。
そしてこの700系には4種類のタイプがあることをご存知だろうか?
 
700系、N700系、そしてN700Aは2種類、小さなAの字と大きなAの字がある。
 
700系とN700系は明らかに顔も形も違うので区別しやすい。
o0587038912612106040
左が新型のN700系で右が旧型の700系。
 
しかしN700の3種類はちとややこしい。
パッと見どれもほぼ同じなのだ。
車両情報でも事前にわかるのはN700系までで異なる3種類のどれが来るのかはわからない。
 
これらの違いについて興味深々といった方もそうそうはおられないと思うのだが、せっかくの機会なのでやや押し付け気味にお伝えしておく(笑)。
 
700系を改良して新たに開発、新造されたのがN700系。
 
N700系をさらに改良しAdvanceの頭文字AをつけたのがN700A(小さなAの文字)。
あくまでもベース車両がN700なのでAの字が控えめということらしい(笑)。
 
そして最初からN700Aとして新造された車両がN700A(大きなAの文字)となる。
 
後発であればあるほどに振動やブレーキ時の乗り心地がよくなっていくらしいのだが、あまり実感したことはない(笑)。
他にも車内照明をLEDにしたりエネルギー効率の改善が図られているそうだ。
 
見た目で一番の違いを実感できるのは車両の横にあるロゴだ。
 
9295457741_5f74658410_n
 
鉄っちゃんそれぞれの思い入れはあろうかとは思うが、僕に関しては大きなAの字のN700Aがホームに入ってくると「ヤタッ!当たり!」という心境になる(笑)。
 
IMG_9649
(今回の大阪行きはめでたく大きなAの字のN700Aに乗れた♪)
 
知らなければ知らないでどうでもよかったことだったのに、
「今後ついつい気になっちゃうじゃないか!余計な情報を与えやがって!」
 
と思ったあなたにへこたれずにダメ押しの一打を浴びせてみる。
 
ふっふっふ。
鉄の道の入り口がそこにあるかもしれませんぞ?
 
 
と言うほどの鉄道好きでもないのだけれども、最近Huluでも配信されている「鉄道発見伝」なるBS日テレのかなりマニアックな鉄道番組を見るのが密かな楽しみになりつつある。
 
群馬県の上毛電気鉄道に乗るのがここ最近の夢だ✨✨