月別アーカイブ: 2016年10月

本気の仮装!

2016 HALLOWEEN PARTY、全日程終了!
 
普段ならここで一旦腑抜けになる時期ではあるのだが、今年はそうはいかない。
数日後にはアメリカツアーに旅立つ関係上、予断を許さないアップテンポな気持ちの切り替えが必要だ。
 
しかしやはりハロウィンイベントについてはキチンと伝えておきたい。
今年はさらにピンポイントで“本気の仮装”について報告したい。
 
VAMPSハロウィンの仮装が相当大変であることは、このブログで1年前にも伝えている(笑)
 
 
つまり毎年大変なのだ(笑)。 
去年は去年でいかに特殊メイクが大変であるかを詳細に伝えたつもりだったのだが、なんというか……今読み返してみると自分なりに納得がいかない。
 
特にここ数年はVAMPS下手(シモテ)組である僕とJu-kenは本当に大変なメイクばかり回ってくるような気がしている。
 
僕らが本番の数時間前から数時間かけて特殊メイクを施しているのに対して、例えばドラムのアーリーなどは本番の30分前まで“素の格好”のまんまだ。
 
この差はなんなのか?
 
やはり“「顔の型」を取った組”であるかないかの差が大きいのだろう。
 
一度でもこの型を取ってしまうと、かなり完成度の高い特殊メイクが自在にできてしまう。(詳細は上記過去リンク記事を参照のこと)
東急ハンズなどで市販されているマスクとは一線を画すハイレベルなプロの造形を生み出すことができるのだ。
 
これを使わない手はない。
 

ところで以前、この“顔の型”で石膏像を作っていただいた感動もこのブログではお伝えしたことがある。
 
 
生きているような自分の顔の石膏像を作っていただいた感激!
なかなかこんな経験はできるもんじゃないぞ!と素直に感動したのだが……
 
 
今年のハロウィンイベントの楽屋ではなぜか自分の顔がそこかしこにあるではないか!
img_1195 img_1196 img_1197 img_1207
なんかドロドロに溶けていたりメイクの練習台に使われていたり、あるいは普通にマスク置きにされていたりしてありがたみが全くないんですけどぉ……ってか、
 
こらー!
なんだこの量産大安売り状態は!ヽ(`Д´)ノ
 
自分の顔がそこかしこにあってなんだか落ち着かない今年のメイクルームなのでありました(^^;
 

かくして毎年シモテの二人に課せられる仮装は仮装レベルを逸脱した「ほぼハリウッド」に到達している。
 
完全なるオーバースペックである(笑)
 
しかし、最高だ!
 
この物凄さをどうにか伝えられないものだろうか?
 
考えあぐねた結果、今年はメイク過程の詳細を記録してみた。
 
先ほど編集をしてBGMをつけ効果音なんかもつけてみたりした。
 
 
今回のブログはプロの技を惜しげもなく公開する。
 
匠の技術を目撃せよ! 
 
 

こういったメイキング動画を一度作ってみたかったのです(^^
こちらの要望を汲んで詳細の撮影も喜んで手伝ってくれた特殊メイク班のみなさま、本当にありがとうございました!