ラップ考察

前回真面目な音楽ネタをやったのでその流れから、本日はラップについて語ってみたい。
 
ヨーヨー♪
俺の日常 飲みすぎる絶対量
打ち立てる金字塔 飲みすぎて認知症
ヨー♪
 
……といったラップではない。
 
 台所にあるラップ(WRAP)、いわゆるサランラップのことである。
 
i1543_73
つまり今回は難しい話でもなければ音楽の話でもない。
限りなく軽い話題となるのでご了承いただきたい。ヨー♪←もういい
 

まずは有名なwikiから。
 
サランラップの名称の由来は二人の開発者の奥さんの名前、サラとアンの名前にちなんでいるそうだ。
そして元々は食品用に開発されたものではなく、戦場で銃弾や火薬を湿気から守るために開発された商品だ。
 
スパイ衛星→カーナビ
無人偵察機→ドローン
地雷探知機→ルンバ
 
画期的な発明というのは大体軍事用に開発されたモノの流用であることが多いが、まさに「サランラップ、お前もか!」である。
 
 
さてこのラップ、スーパーやドラッグストアに行くと実に多種多様、金額も99円から1,000円以上のもの、長さも20mから中には914メートル(!)なんてとんでもなく長いラップまである。
本当だってば!
 
stretchtite_foodwrap01
(ストレッチタイト フードラップ3000フィート 1,298円)
 

当然ここで悩ましくなるのが「どれを選ぶか?」である。
 
サランラップやクレラップといった一流品は当然お高い
 
モノがいいことは重々承知しているのだが、陳列棚に並んでいる別の商品は倍のメートル数で半額だったりする。
箱の見た目はほぼ一緒。
もしかしたら同等商品があるのではないだろうか?
しかし無名ブランド品には本当に粗悪なラップというものも少なくない。
 
◯ラップのキレが悪いくせに切れなくていい方向にすぐ切れる
◯両サイドの耳の部分の作りがなってなくてロールがすぐに出てしまう
◯ラップの先端がすぐ行方不明になる
◯必死に切れ目を見つけソロリソロリと剥がすのに途中で切れて再び行方不明になる
◯右隅と左隅で切れ目の辻褄が合わなくなっており「きぃ!」と捨てたくなる
 
といった感じで、安い無名品には様々なリスクがある。
問題なければ「ブランド品の半額で倍以上長くてラッキー♪」なのだが、上記のような粗悪な状態が50メートル続くという地獄の展開が待っている可能性が(結構な確率で)待っているのだ!
 
過去に何度も煮え湯を飲まされ続けてきた僕である。
 
というわけで、最近は迷わずにサランラップかクレラップの二択で「どっちか安い方」という選び方をしていた。
 
「1,000円か1,500円か」といった金額差だったら大いに迷うことだろうけれども、131円か340円かといった話だ。
 
…あ、案外違うものだな…
 
いやいや、大の大人がそんな金額で悩んではイカン!
 
と鉄の意志でブランド志向を貫いていた。
 
倍以上の対価を払ってでも、あの安物ラップのイライラ感は味わいたくないのだ!
 

ところがである。
よく行くドラッグストアのコーナーを見ると、聞けば誰もが知っている大手メーカーのラップが、それこそバッタモン価格で売られているではないか!
 
えええ?なんでこんなに安いの?
 
本当に誰もが知ってるメーカー名だ。
まさかすぐ切れちゃったり耳の作りがチャチでロールがすぐ外れちゃったり切れ目が行方不明になったりすることはまずあるまい。
 
かくして大の大人が50円100円をまたケチってみた。
 
結果!
 
……やっぱりダメじゃん!ヽ(`Д´)ノ
 
すぐ切れちゃうし耳の作りがダメでロールはすぐ外れちゃうし切れ目は2回に1回行方不明になるし左右の辻褄が合わなくなって1メートルぐらい平気で無駄にしちゃうしで。
ラップを切った瞬間に「あ、このキレ方はダメだ」とわかってしまうぐらいに刃もなっていなければラップそのものの品質もなっていない。
 
あぁあぁ!
こんなダメダメラップに残り45メートル以上付き合わされるのか!(´Д`)
 
私はまた騙された!
 
僕の生涯の「パチモンのラップと格闘してきた合計時間」を思うと本当に気分が重くなってくる。
 

コストコの例の3000フィート(914メートル)ラップを買う心境というのはどんなものなのだろうか?
 
もしも、もしもダメなラップだったら、どれだけの歳月をラップとの格闘に費やすことになるのだろうか?
 
そんなネガティブなことを考えてしまったら、とてもじゃないけど購入する勇気が持てない。
 
だがしかし、もしもコストコブランドの名に恥じることのないバッチリの使い心地だったら?
事実シャレで買ったコストコの200枚入りのゴミ袋は非常に重宝したではないか!
 
 
それこそ914メートルという長い長い歳月をノーストレスで安価に過ごすことができるのだ。
 
それもまたとてつもなく魅惑的な話でもある。
500-50787-847__1
(ウワサのゴミ袋。単純に約2年間なくなりませんでした(笑))
 
 
 
というわけで長々と説明してきたのだが……
 
どなたかコストコのラップを使っている方はいらっしゃいませんかね?
 
ということを聞きたかっただけなのでした!
ヨー♪