鼻炎

花粉症に悩まされている。
しかし僕の場合は一般的な春先の杉の花粉ではない。
 
秋のブタクサやヨモギ等に反応をしているらしく、毎年10月末の例のイベントが近づいてくるとムズムズとした違和感がやってくる。
あと一ヶ月ぐらいするとまたあの症状に悩まされるのか……と思うと今から憂鬱になってくるのだが……
今年はなぜか先週ぐらいから似たような反応が身体に起こっているようで、とにかく鼻水が止まらない。
 
しかし毎年の症状と違うのは、鼻水の中に鼻血が混じらないことだ。
そう、僕は毎年10月末のイベント前後は流血沙汰の日々だったんである(笑)
 
しかし今は夏風邪も流行っていると聞くし、もし風邪だったら周囲に伝染ったら大変!とa-nationのバックステージでは自主的隔離状態になるようにメンバーに近寄らないよう隣の部屋の隅っこに逃げていた。
まぁ鼻水以外は熱も出ないし風邪ではないとは思うのだが、とりあえず明日病院に行ってみよう。
それにしてもダルい。
 
こんな日は……度数強目の焼酎をロックでキューッと飲んで寝てしまおう←割と日常だけど(笑)
 
と書いたまま寝てしまったのが昨日。
翌日近所の耳鼻科に赴き診断をしてもらった結果は……
「鼻はアレルギー性鼻炎、喉は鼻が塞がったことによる負担で腫れたのでしょう」と宣告される。
「え?しかし先生、いくら何でも秋の花粉症が始まるには早すぎるのでは?」
そうなのだ。
僕は大人になってからは滅多に病院に行くことのない健康優良不良中年なのだが、ここ数年この耳鼻科には毎年ハロウィンのリハが始まる頃というザックリした期間に必ず罹っており、耳鼻科の先生にしてもそれはカルテで把握しているようで「今年もいらっしゃいましたね」という挨拶から診察が始まっていたのだ。
 
しかし8月末、いくらなんでも早いでしょう?
 
しかし先生は落ち着いた口調で、
「ここ最近東京はずっと雨続きだったでしょう?植物のサイクルもそれによって例年よりも早く花粉を飛ばしているようです」
 
げげげ!
沖縄でハラハラドキドキさせられた台風5号の影響は僕のこんな日常にまで波及していたのか!!( ̄□ ̄;)!! 
 
と書いたのだが8/29のことであった。
 

それにしても厄介な体質になってしまった。
周囲には「風邪?うつさないでよ」と敬遠され、「いやいやこれは風邪ではなくてね…」と説明する度に「出た!じんちゃんの風邪否定」とイジられる。
春の花粉症ほどメジャーではなくマイナーな秋の花粉症なので周囲の理解度も低い。
 
しかし札幌に来たというのにちっとも鼻水が治らない。
北海道にもブタクサやヨモギの花粉は飛んでいるのだろうか?
と調べたら東北〜北海道はまさに今が旬、真っ盛りらしい(笑)
 
「今日のライブは鼻水との闘いになるの?」
 
と思ったあなたはシロートさんである。 
僕は本番前に気合いを入れることで2時間ぐらいなら鼻水を止められる。
僕に限らずミュージシャンたるもの、それぐらいのスキルは持っている。
人間、ある程度の緊張感と気合と根性でなんとかなる生物なのだ。
 
と、いい加減なことを言ってはいけない。
根性で鼻水を止められるならお医者さんはいらない。
1日に限られた回数しか許されない薬物を鼻から吸引するのだ←無駄にアヤシイ言い回し
 
それにもし万が一鼻水が垂れたところで……バンダナでマスクをしているので誰にも見られず堂々としていられるのでした(笑)