そしてまたアメリカ

既にツイートもしているが、アメリカに来て1週間が経つ。
ロサンゼルスで機材をピックアップしてサンフランシスコに向かうも、メインアクトの体調不良で公演延期となりラスベガス、テンピでのサポートアクト公演を経てロサンゼルスのヘッドライナー公演を終え、再びサンフランシスコに到着←今ココ
 
(今ココ)
 
巨大な寝台バスでのアメリカツアーはこれで3回目、イギリスツアーも含めれば4回目となる。
このブログを立ち上げた最初のきっかけが、バスツアーという体験そのものがあまりに面白くてその詳細を伝えたくなったからなのだが、さすがに慣れてきたのかネタになるようなことが減ってきた。
というよりは、最初のバスがあまりにもポンコツすぎただけなのではなかったのか?(笑)
今回のジェイミー氏も前回のオットー氏もとても安定したドライビングだしバスのメンテナンスも万全、まめに清掃もしてくれている。
結果としてさんざんな目もよい思い出として残っている最初のバスツアーではあるが、やはりリアルタイムを過ごす立場からすればトラブルは起こらない方がいいに決まっている(笑)
 
(何やら不穏なバス車内(笑))
 
バス生活は相変わらずで、ライブが終わった深夜から晩酌が始まり、各自カップ麺を食べたくなる誘惑と戦いつつも大体負け(笑)、そして僕に関しては大体記憶が曖昧になって目覚めたら昼過ぎといったダメ人間生活をしていると、なかなかブログを更新できないという流れに落ち着いていますがなにか?(笑)
 
(このTシャツには呪いがかけられているようで着るとその通りのことが起こる?) 
 
(イマイチな味…と思ったものにかけると不思議と成立する不思議な調味料)
 
 
助っ人外人部隊のジョーダン、コーリー、ジムも健在。
考えてみれば再び同じチームが集まることが、ちょっとした奇跡に思えてくる。
相変わらずジョーダンはちょっとエッチで、コーリーはクールガイで、ジムは陽気で力持ちだ。
 

そしてこの辺りで今回のツアーに慣れてきた実感が湧く。
日々の生活パターンや会場での段取りなどが定着してくるといった感じだろうか?
 
とはいえ今日でサポートアクト終了となるのでまた微妙な変化が起こるし、バス生活も間もなく終わる。
南米は飛行機移動となるし、中止となったメキシコシティー公演前後のスケジュールはまだ曖昧なままだ。
 
とかく臨機応変な対応力を求められる海外ツアーではあるが、それにしても毎回毎回一筋縄では終わらせてくれない何かが必ず起こる気がする。
 
これからもちょこちょこいろいろ起こりそうだが、いちいち乗り切っていきたい。
 
To Be Continue!