しおしおショッピング

前回のウキウキ気分の買い物とは対照的なテンションというものがある。
 
 
例えば100円ショップでの買い物などは、スタート地点からして高揚感とは違う気がする。
100円ショップは基本的に「見たことのない斬新な商品」というものがほとんどない。
「開発費ほぼナシ」が100円ショップの安さの基本だろうから、これは無理もないことだ。
「え?これが100円で売ってるの?」という驚きやお得感はあるにせよ、次の瞬間には「大丈夫だろうか?買ってすぐダメになったりしないだろうか?」と眉につばをつける。
ちなみに僕が過去に買って「しまった!やられた!」と思ったワースト3商品は以下の通り。
 
○Post It並みに粘着力の弱いガムテープ
○自らの蓋まで瞬間接着して結果使い切りとなってしまった瞬間接着剤
○作ってるそばから熱でみるみる変形していった丼もの専用鍋
 
とはいえ「まぁ100円だしな」でたいていは済まされる(笑)
それ以上に有用な商品が多いのも確かだし、不良品だったとしてもわざわざ返品に行こうとも思わない。
そんな100円ショップとの付き合いではあるのだが、近所にある100円ショップは「500円以上お買い上げで1時間無料」という駐車場だ。
これが実に微妙な条件で、買い物が500円に満たない場合は30分毎に200円を支払わなければならない。
以前どうしてもシャーペンの芯だか万年筆のインクだかが必要で慌ててこの100円ショップに駆け込み入手できたまではよかったものの、ここで思考がスタックしてしまった。
「100円の文房具を買うために200円の駐車場代を払うのは悔しい」
とはいえ500円分のシャーペンの芯は明らかに不要だ。
ではせっかくだからと目ぼしい商品はないものかと店内を見回ってみる。
どうせなら奇抜なアイディア商品はないかな?とか普段はスルーしているようなコーナーを眺めてみるが、あと4品の欲しいものが見つからない。
冷やかしがてら立ち寄った100円ショップで結果的に1000円分の買い物をすることはできても、義務感で即4品を選ぶというのは案外難しい。
結局は乾電池や綿棒といった無難なストック品を買うぐらいしか思い浮かばず、自分の限界を思い知った。
いざとなると欲しいものというものはなかなか見つからないらしい。
 

これと似たような経験を定期的にするようになったのが最近のYahoo!ショッピングだ。
Yahoo!のプレミアム会員でありsoftbankユーザーである僕は、今現在驚異的なポイント倍率が付与される。
「5の付く日キャンペーン」などを併用すると驚くなかれ!ポイント19倍なんてことになる。
例えば1万円分の商品を購入すると、後日T-POINT約2000ポイントが付けられる。
ネット通販価格からさらに2割引となると、amazonをはじめとするライバル社の価格と比較しても圧倒的軍配があがる価格となるのだ。
 
しかし、こういった話には当然ちょっとした罠が仕掛けられている。
このYahoo!ポイント最大19倍にしても、全部が純粋なT-POINTになるわけではない。
得られるポイントの半分ぐらいは「Yahoo!ショッピング、ヤフオク、Yahoo!トラベル内でのみ使えるネット限定T-POINT」になるようだ。
しかもこの有効期限が非常に短く、ポイントゲットしてから2週間以内に使わなければ無効となってしまう。
最初にこのカラクリを知った時の状況がまた災難なことに、仕事道具の購入に5〜6万円ほどの買い物をした時で、ふと気がついた時には「うわあ!あと1時間以内に買い物をしないと7,000ポイントが消える!」といった状況に追い詰められていた。
 
前述の「100円ショップで今すぐ4品選ばねば」の大規模版である。
そしてこれが100円ショップの時と同じくして……欲しい商品が見つからない!
これが300ポイントならややもったいないと思いつつもあきらめることができる。
あるいは2万ポイントとか5万ポイントあれば、いくらでも欲しいものが選べる。
しかし7,000ポイントというのは実にビミョーな金額で、案外欲しいものが見つからない。
ハードディスクを買うには足りないし、USBメモリーはもっと安い。
7,000円で欲しいモノ、、、案外見つからない!
 
結局はさしあたって必要性のないUSBメモリー数個と予備のUSBケーブルを買うことぐらいしか思いつかなかった。(なぜかせめてもの必要性がUSBにロックされた)
ここでも自分の限界を思い知る。
 
前回ウキウキで買った「わく子さん」などは7,000円はおろか5,000円もしない価格であり、当然こういったタイミングで電気ケトルが壊れてくれていれば「タダでこんな商品もらえてしまってウキウキのウキッ!」ってなことになるはずなのに……不思議なまでに人生というのはなかなかそう上手くはいってくれないようだ。
傘を持たない日に限って雨が降るように、iPhoneに充電するのを忘れた日に限ってモバイルバッテリーも空だったりするように、我々は神様もしくはマーフィーの法則に支配されているようだ。
 

と悲しい結論で終わってしまうのはあまりに悲しいので、最後に希望の光を提示したい。
一つ目はamazonや楽天のサービスにある「欲しいものリスト」というもの、これがこういった時に実に絶妙なアシストをしてくれることがある。
 
 
「ちょっと欲しいけど今はいいかな。でも忘れちゃ困るからリストに入れておこう」という今ひとつ積極的になりきらない商品にチェックをつけておくと、こういう時に「せっかくだから」と購入に踏み切ることができることがある。
 
……しかし6年間ずっとここに居残っている例えば「ナイトメア・シティ デジタルリマスター版」を僕が本当に欲しだっているのかといえば、ビミョーなところだ(笑)
(実際は商品がジワジワ高騰していきもはや手が出せなくなったので、今度はどこまで値段が上昇するのか見ていたいという別の目的になっているだけだったりする。尚カスタマーレビュー値が異常に高いのはゾンビマニア特有のトラップでありサイテーに属する映画であることは間違いない)
 
 
二つ目は自分の趣味嗜好にピタリとハマるようなサイトを知っておくこどだ。
最近知った個人的には見ているだけで妙に楽しいサイトが「サンワダイレクト」だ。
「そこまで切望してはいないのだけどもちょっと欲しいかも……」という微妙なニーズの商品で溢れているのだ。←これで褒めているつもりか?(笑)
 
このサイトがまた「送料無料まであとちょっとなのに?」といった端数合わせ商品専門のページがあったりして、なかなかに消費者のニーズをわかってらっしゃる(笑)
 
こういった手段を併用してあなたの通販ライフをより一層充実させようではありませんか!
 

雨の土曜日、外に出るには寒いしだるいし……ちょっと通販サイトでも見てみようかしら?
と思ったあなたの肩を押すことになるのか、あるいは「くわばらくわばら……通販サイトの魔力おそるべし」と抑止力になるのかはわからない。
 
いずれにせよ僕が言いたいことは一つだけだ。
 
わく子さん、本当によい買い物でした(^^) 
これを機会にぜひいかがでっか?
しまった!結局はステマで終わるのか!( ゜∀゜)・∵.ぎゃぼー