STAR WARS 最後のジェダイ

最初に宣言、基本ネタバレなし!
 
ようやく観る機会に恵まれた。
TOHOシネマズの六本木ヒルズ7番シアターに来るのは何年ぶりだろうか?
ここのスクリーンは過去に様々な名作をたくさん観させてもらってきたが、DOLBY ATMOSとTCXが導入されてからは初めてだ。
(僕はこういうデモ映像に昔から弱い)
最近は3Dメガネが苦手になってきており、できれば巨大スクリーンの2D鑑賞が望ましい。
やはりSTAR WARSを観るからには自分にとってベストのコンディションで観ておきたいのだ。
これは劇場選択だけでなく、それこそ自分の身体や周辺環境も重要だ。
公開から3週間、満を持しての鑑賞となった。
 
 
面白かった!
そしておそらくは……
シリーズ最高傑作!←宣伝文句ではありがちだけども(笑)
 
過去のスターウォーズのレビューを遡られるとたちまちバレてしまうので自分から白状するが、僕はこのシリーズに「奥深さ」のようなものを感じたことはこれまでなかった。(ちなみに前作「フォースの覚醒」レビューはこちら→http://jinxito.com/2015/12/25/star-wars3/
 
父と子、師匠と弟子、帝国軍と反乱軍、といった相対する中での葛藤はあるのだが、いかんせんその範囲が狭くて「実は親子でした、実は兄弟でした」といったある種反則のような展開が繰り返されたドラマでもあったからだ。
前作のエピソード7でも「またかよ……」と思わざるをえない「実は親子」が早々に炸裂した。
そうなってしまうと当然、今回の「レイ3部作」における主人公レイも、既に登場済みのキャストの極々限られた範囲の中での娘であることが確定したようなものではないか。
 
ところが……
 
といった意外な展開が起こり、「それにしても言葉のアヤとか物語を錯乱させるブラフなんでしょう?」といった疑念が湧いたりもするのだが、なにげないエピローグが挿入されて大いに混乱させられるのである。
 
うわー気になる!
 
そして!3部作中の2作目の中では文句なく「完結しているし続いてもいる感じ」として満足度の高い終わり方でした♪(エピソード5と2はひどかったもんなぁ……)
 
ってかね、、、深い!
初めてそう思えました!
長いけど(155分)すぐ終わる映画です♪
 
気になる方は劇場に急ぐのだ!
 
もっともこの映画、相変わらずというか、すっかり観る人を選ぶ映画になってしまっているように思う。
いきなりこれだけを見てもおそらくはチンプンカンプンなのではあるまいか。
シリーズも8作目となると、「全部見た人を前提とした演出や内輪ネタ」のようなものが当たり前のように出てくるし、それを当たり前のように受け止めていかないとおそらくは理解していけないことだろう。
 
急速に展開していったハリーポッターシリーズでも思ったことだけれども、シリーズが5作目を超えたあたりから映画の作り方もかなり変わってくるのだろうし、40年がかりで続いているシリーズともなるとなおさらのことだろう。
僕にしても「あれコイツ誰だっけ?」と思い出しながら見ている人物もいるし、「あぁそうだった」と前作の詳細部分が急に蘇ってきたりも多々ありだったし、おそらく理解度自体は70%以下のような気がする。(だからもう一度見たくなってしまうのだ(笑)
“フォース”というチカラの新解釈、30年篭って修行をしていたと思われるルーク・スカイウォーカーの別次元の“フォース”の凄さに滾りまくり、ジェダイの「選ばれしもの」という定義に新たな流れを生み出すシリーズであることをほのめかせた。
 
そろそろこのタイミングで自身まだやったことのない「エピソード1からローグワンを含む旧8作を、公開順ではなくエピソード順で見てみようか?と思っている。(なんとHuluで現在エピソード1〜6まで見られるのだ!7も12月は見られたのだけどねぇ)
全部で16時間ぐらいになるのだろうか?なかなか気合を入れないと実行できない。 
そんな野望を抱きつつ、 
 
次のエピソード9が今から楽しみである♪
 
とひとまず思える自分ではあるが、逆に言えばこうなったらもう意地で最後まで付き合うしかないんである(笑)
どうか自分が死ぬまでは完結してくれますように!←案外笑えないかもしれない
 
 
おまけ:
 
最後に悔しい出来事が!
都会の映画館の悩みどころといえば……そう、チケット代以外に駐車場代もかかるということ。
港区六本木に車を3時間停めさせていただくというのはそれ相応の料金がかかるのだけれども、しかし裏技的に映画館が併設されたこういった施設はなぜか「映画鑑賞の方は3時間サービス」といった太っ腹な設定がされており、そのおかげで今までは大手を振って映画を観に来ることができていたわけだが……
帰りに精算してみたらば1800円?
あれれ?映画館の受付でちゃんと登録されなかったのかな?と思って劇場に引き返して尋ねてみたらば……
六本木ヒルズのシステムがいつの間にか変更になっていたらしく、映画館特例は23時以降のレイトショーのみの適用になっていたそうだ。
なーんだしょんぼり、と駐車場に引き返して再度清算したら2100円。
劇場に引き返してしょんぼり戻っている往復でまた高くなってしまったようだ。
(2分オーバー、きぃ!悔しい!)
 
……映画のチケットよりも高額な駐車場代になってしまったではないか!(´Д`)
こんなことなら郊外のIMAXで見るんだった!←
 
というか……3Dや4Dはもうこれ以上はいらないから巨大2Dスクリーンを世の中的にもっと増やしてくれー!
 
おっちゃんもう90分以上の3D映像は目が疲れてしまって見てられんのじゃー!←今日一番の主張はここ