断捨離

ここ数日、断捨離を敢行中の我が家である。
とにかく捨てる、とことん捨ててやる!
 
きっかけは自室の頭上にあるロフトがパンク状態になってきたことにその端を発する。
今の家に引っ越してきてもうすぐ5年になるのだが、ジワジワと増えていく荷物に対してあまりにも整理というものを怠り続けた数年間であった。
 
一時的に荷物を視界から追いやり忘れてしまえる「ロフト」という場所に退避させることで「とりあえずここに置いて後で考えよう」と問題の先送りが簡単にできてしまう環境が、結果的にかなりよろしくなかった。
さらには部屋とは別にある2畳ほどの「納戸」と、外に置いても問題のないものは庭にも置けてしまうという環境がさらなる悪循環を招いた。
 
マンション住まいから小さな一軒家に引っ越して感じた恩恵ではあったのだが、それら融通のきくスペースの存在は真綿で首を絞めるようにジワジワと生活圏を侵犯し続け、これらの空間が少しずつ「魔窟」と化していったのである。
「庭に小さな物置を設置しようか?」と考えてみたりもしたが、魔窟が一つ追加されるだけのことだろう。
あふれた荷物はやがて部屋の中にも積み上がりはじめ、「いかん!このままではゴミ屋敷になってしまいかねない!」と全ての元凶であるロフトに登って見たところ……5年前に引っ越してきた時に「とりあえず…」と未開封のまま置いておいたダンボールが10個以上そのままであることが確認された。
 
……他人事のように書いてはいるが、言うまでもなく全部自分がやってきたことでしかない。
約5年間開封していないダンボールの中味……それが何であれ日常に必要でないことは疑いようがないだろう。
5年間なくても困らなかったものだからだ。
 
かくして重い重い腰を上げての断捨離が静かに始まった。
毎年恒例の確定申告の書類の整理と並行して進められる大掃除…というよりは徹底的なゴミの分別作業だ。
 
「いつか使えるかもしれないもの」
「そのうち着手しようと曖昧に残しておいたもの」
「捨てるのはいつでもできるし」
「これだけは別物」
 
ダイエットに通ずる何かを感じずにはいられない(笑)。
問答無用で整理開始である。
 
11段のハシゴの上り下りを繰り返すこと100往復、本当にさっさと捨てればよかったものが山のように出てくる。
お約束のように「きれいな紙袋」とか「いかにも別の用途に使えそうな箱」なんかがガンガン出てくるが……数年ぶりに対面するそれらを見るたびに自分で自分がイヤになってくる。
使い道なんてありはしないし、仮にあったとしてもこんな奥底に仕舞われていたものを思い出せるわけがない。
ずっと使っていなかったモノ、家電やカバンや着てない服など含めてすべて処分することに決定したのだが……粗大ゴミの引き取りというのは案外バカにならない金額がかかる。
 
一点二点ならまだしも数十点、、、ざっと見積もっても1万円近くはかかりそうだ。
まだ壊れていないものも多いし……ここはメンドーくさがらずにリサイクルショップに問い合わせだ!
少しでも高く売る!という発想は捨てて「400円払ってゴミとして捨てるのならばタダでもいいから引き取ってもらおう」と思うことにした。
そして整理をしてリサイクルショップに持ち込んだ品々は……
結果として2万円近くの現金として戻ってきてくれた!
 
おおお!嬉しい!
 
ほとんどの品物は100〜300円だったが、モノによっては2000円、最大で5000円の値がついたものもあった。
1万円払って捨てるつもりが思いがけず2万円になってくれたので、ソフトバンク的言い回しをするならば……
「実質3万円の儲け!」てなもんである。
 
 
さて、ここまではいわゆる「自分にとって無価値のもの」なので話はスムーズだったのだが……
ここからが心情的にちとメンドーくさい。
スッキリした自分の部屋ではあるのだが、現在ダンボールがあと3箱ほど残っている。
そのどれもが「できれば手放したくない思い入れのあるモノたち」ではあるのだが……しかしどう贔屓目に見ても限りなくガラクタに近いものばかりでもある。
 
1.F1グッズ(主に1990年代のミニカー類)
2.好きなアニメのレーザーディスクボックス
3.映画のパンフレット
 
「1」に関してはあくまでも18分の1スケールのミニカーがほとんどで、「セカンドドライバーデビッドクルサードの乗るMP4/13」であるとか、「ヘビ顔のジョーダンプジョー197」といった、お世辞にもあまり価値のあるとは思えないものばかり(外箱も潰れておりいよいよ価値は低そうである)。
アマチュア時代のMシューマッハーのKARTミニカーのみ、ややレアといえばレアか?
一方で当時かなり真剣に集めたフェラーリのTシャツやキャップは前日に全部売ってしまった。がほぼ後悔はしていない。不思議だ。
尚、当時のチケットホルダーに入った観戦チケットやプログラムは永久保存である。
 
「2」はずっと持っていたい気持ちがあるにはあるのだが、既にLDプレイヤーを所有していないため再生は不可能(ビデオデッキをはじめとする旧世代のメディアプレイヤーも全て処分済み)。
「未来少年コナン」「エヴァ」「トップをねらえ!」辺りがどうにも捨てられずに残っている。全てDVDで買い直しているにもかかわらずなぜか手放したくない。不思議だ。
(日高のり子さんのサイン入り。これだけは売られんよ)
 
「3」は改めて全部を調べ直してみたところ、最古の映画が昭和63年(1988)の「AKIRA」なので、自分の映画史の中では比較的中世〜現代のものが多い。小中高の頃のモノは実家のどこかにあるのだろうか?
公開当時の「バックトゥザフューチャー」や「インディージョーンズ」のパンフが折れ目一つなく保存されていたのはちょっと嬉しい。
 
仕事関連のレアグッズもいろいろと出てきた。
わかる人にはわかるであろう「ハロウィンホテルのバスローブ」が未開封のまま出てきた。
うわー!今更実用できねーし!(これって2006年あたり?)
 
ちなみに同時期の「ハロウィンスリッパ」は当時職場のスタジオで実用しまくっており、「そんなに汚くなるまで履いてくれてありが……ってかいい加減洗ってくださいよ」と本人に苦言を呈されたことを思い出した(笑)
 
また「ark&ray」の業界配布用のカセットテープなんて恐ろしいサンプル品なんかも出土してしまった。
これは……売りに出したらいくらになるんだろうか?(ゴクリ……)
「ark&ray」はもう一つ、シリアル番号入りの数百枚だけ作られた「アナログレコード」というものが存在する。
「もしも売り飛ばしたら番号からお前を追跡してこの世界にいられなくしてやる!」という貞子レベルの呪いをかけられたレコードなので売ることはできない。
メルカリやヤフオクのチェックはしないように!いいな?絶対にだ!←
※念のためそんな恐ろしい品々は出品はもちろん譲渡することもできないっすよ(^^;
 

といった断捨離現場から中継でお伝えしました。
 
今回の断捨離と部屋の片付け…ただ闇雲に捨てただけでもなく、処分しようと数年間放置していた組み立て式のデスクを復活させ、コンパクトな折りたたみ式のテーブルと組み合わせたら、思いがけず鍵盤とPCキーボードの両立する環境が出来上がったりもした♪
なにごともやりすぎずにバランスよく着地したいものだが、上記三点のダンボールはきっとまたロフトに戻っていくヨカーン(笑)