中国通信事情

数年ぶりの上海。
いろいろなウワサ飛び交う様々な中国事情ではあるが、前回まではあまり感じなかった「通信の不便さ」を今回目の当たりにした。
というよりも、我々の生活はいつの間にか某巨大企業によって管理されていることをまざまざと実感した。
 
中国では検索エンジンの使用に制限がかけられており、主にGoogleのサービスのほとんどを受けることができない。
「ふ〜ん、じゃあYahoo!を使えばいいじゃん」と思ったあなたは素人さんである。
現在の多くのページはYahoo!も含めてGoogleの検索エンジンありきで作られているからだ。
旅先で大活躍するGoogleMapも使えないし、Webページ内に当たり前に組み込まれている地図表示や検索、iPhoneの標準機能にもGoogleは深く関わっている。
それらが使えない=体感的にインターネットと表示デバイスの機能が半分ぐらい制限されている気になってしまうのだ。
 
日本の通信会社が提供している「海外パケットサービス」を使ってもこれらの機能制限はどうにもならない。
しかし気がついた中ではその程度の制限で済んでいる。
 
これが中国国内のWi-Fiを利用してのアクセスとなると、さらにLINE、Twitter、FaceBook等へのアクセスが一切できなくなる。
Googleが使えずSNS全般が使えなくなると、これはもうお手上げである。
 
メールはなんとか普通に使えるようではあるが、G-MailというGoogleのメールサービスはかなり挙動があやしくなる。アカウントエラーが頻繁に起こりその度にパスワードを求められたりするのでギブアップ気味だ。
 
といった不便さがあるものの、電波の品質自体は日本と同等のようで、大抵の場所で4G,LTE接続がされる。
YouTubeの動画などもグイグイと見られる点では、アメリカやヨーロッパよりも快適だ。
あくまで個人的な体感ではあるけれども、ネットスピードはアジア圏の方が圧倒的に優れていると思われる。
 

さて、一週間程度の滞在とは言え、やはり不便のままネットを使い続けるのはイヤだ(笑)。
できうる範囲でのちょっとした工夫はしたい。
まずは何といってもGoogleの代替手段、「日本語での検索が可能なサイト」をショートカットに登録し直すことからはじめる。
僕が普段使っているWebブラウザは「⌘+5」というショートカットキーを押すとGoogleにジャンプするように設定をしているのだが、この行き先を「goo」に変更した。
「検索=⌘+5」は、身体というか小脳が反射的に動いてしまうレベルなので、設定を変えるのが一番早い。
 
またiPhoneのホーム画面もいくつかアプリの配置を変更した。
使うことのできない「GoogleMap」や「LINE」などを代替アプリに置き換えていく。
GoogleMap→Maps(apple純正)
LINE→WeChat(STAFF間の業務連絡用)
Instagram→Google翻訳(これは普通に使える)
 
パソコンもスマートフォンも設定の変更は1分もあればできる。
面倒臭がらずに再設定するだけで一週間プチ不便な思いをしないで済むならすぐにしよう(笑)。
 

今回のスタッフチームはアジア圏の経験の豊富な方が多く、いろいろとためになる話を聞けた。
まずは懸念のどうするのが一番安くあげられるか?だ。
 
今回僕は何の工夫もなく「ソフトバンクの海外パケットサービス」、つまり何にもしなかったわけだが、僕の考えはこうだった。
各種ポケットWi-Fiのレンタルも考慮し試算もしてみたのだが、4カ国2週間となるとどこも3万円近くかかってしまうのに対してソフトバンクは一日最大2,980円。15日ともなれば45,000円となってしまう。
当然レンタルしたほうが安いのだが、オフ日にしても本番日にしてもホテルと会場にしかいないような日だったら現地のWi-Fiだけを使って済む日も出てくるのではないだろうか?
そういった日が全体の中に5日間あればその時点で差額はゼロ、しかも多くのレンタルWi-Fiは一日の使用が500メガまでといった制限があるのに対してソフトバンクにはない。
さらにはこれも経験してきたことではあるのだが、レンタルWi-Fiというものが案外かさばる上にバッテリーの消耗が激しく、気がつくとバッテリーが切れていたり自動電源オフになっていたりして、いつの間にか普通の接続に切り替わっていて結局ソフトバンクにも払う羽目になったじゃないか!といった事態が度々起こっていた。
都度ちゃんとつながっているか、接続がはずれていないか?といったチェックをするのはストレスも溜まる。
ならばいっそのことレンタルしない!
 
…大きくは間違っていないとは思っている。
 
しかし中国語を普通に話す照明チーフのフジワラさんが言うには、あらかじめソフトバンクの個人ページからSIMフリーの手続きをしておけばよかったらしいのだ。
この辺りの事情に疎かったのだが、現在携帯三社は手続きでSIMフリーの状態にすることができるようになっているそうなのだ。え?そうだったの?
 
そして中国本土で使えるSIMというものが各種あり、例えば香港の通信会社のSIMに差し替えることで1Gにつき数百円といった格安の従量制課金で利用することができたそうなのだ。
え!知らなかった!じゃあ早速手続きを…と思ったのだけれども、この手続には一つだけ条件があるそうで、「機種変更をしてから半年が経過してから」なんだそうだ。
機種変更?12月にしてますけど…え?ギリギリ半年経過してないとか!?
 
惜しい!惜しかった!
 
P.A.チーフのタカマさんもコンビニで普通にスマートフォンのアプリで買い物をしていたりしてカッコイイ。
「中国系の銀行カードがないと手続きできない各種手続き」をいろいろ工夫して使えるようにしているそうだ。
通訳さんにも「WeChatに電子マネーをチャージすれば街中で使えますよ」と言われているのだが…一度に与えられた情報が多すぎて混乱している情弱おっちゃんなのであった。
なんか怖い。使い切れそうもないし今回はいいです…
 
とりあえず制作のタケちゃんに「二千円分を両替して」とお願いして115元の現金を手にいれられた。
今日はそれでよしとしよう。
 
とどめ
この記事を書きながら念のためと今一度レンタルWi-Fiを調べていたら…え?一日700円台のプランがゴロゴロ出てきた。なんだそれ…!あ!もしかしてGW期間だけ高かったとか?