日別アーカイブ: 2018年7月14日

レジの機械とお台場の出口

書きかけのままの記事があったので完成させておく。
 
僕は普通の男性よりもかなり主婦っぽい言動を普段からしているような自覚がある。
近所にあるスーパーの買い物傾向にしても「A店は野菜はよいけど魚が高い、B店は全般安いけど品質低めなので買うのは加工食品と飲み物ぐらい、C店は水曜日が冷凍食品半額デー、最近できたD店はとにかく野菜の質がよくて安い。冷凍食品は常に安い」といった認識をそれぞれ持っている。コンビニは極力利用しない。
 
さてここ数年でスーパーは一段階上の進化を遂げている。
日々利用なさっているみなさんなら「アレのことかな」と思うことだろう。
そう、レジの支払いが急速なる自動化に向かっているのだ。
 
セルフレジというとIKEAなどの自分で商品をスキャンするまで全てをお客さんがするものを指すものらしく、ここ最近のスーパーが導入しているレジの機械は一般的に「セルフ清算レジ」と呼ばれているらしい。
うちの近所のスーパーは5軒中4軒がこれに入れ換わった。
 
「なぁにそれ?」と首をかしげるあなたに説明をすると、買い物かごに入れた商品のバーコードをスキャンしてもう一つのかごに入れていく作業は従来通りレジ担当の店員さんの仕事なのだが、お会計をする機械は奥にあり、その機械を操作するのはお客さん自身なのだ。
そしてほとんど全てのスーパーは一台のレジに対して2台の支払い機があり、お客さんを効率よく振り分けているという仕組みになっている。
調べてみたらばこの商品は2013年には販売が開始されていた。うちの近所に導入されるまでに随分時間がかかったのだなぁ。
 
これまで混雑時ともなれば長蛇の列ができてしまっていたスーパーのレジが、このシステムを導入することによって大幅な効率化を果たしこれで全ての問題が一気に解消!となるはずだったのだろう。
 
確かにレジの流れはとてもスムーズになった。
店員さんもお金のやり取りをせずに「1番でお支払いください」と言ってカゴをそこに動かしてすぐに次のお客さんに対応ができるし、支払い機が2台あるので支払いがモタついても大抵は1番2番1番2番と振り分けをしていける。
 
ところがである。
時間効率とは皮肉なもので、結局レジの時間は短縮できても、お会計が完了した買い物を重いものから軽いものへと袋に入れたり、ドリップしそうな魚のパックをさらにビニール袋に詰めたり、あるいは冷凍食品にドライアイスを配置したりといったその後のお客さん自身の時間までが短縮されるわけではない。
結果として小さめのスーパーだと、それらの「荷物詰め」をするスペースにお客さんが溢れてしまい、結局はお客さんが作業台が空くのを待たされることになってしまった。
今までレジ前だった行列がなんのことはない、レジの後ろになっただけといった構図が見られるようになった。
大きな面積のお店ならこのようなことにはなっていないが、どこのスーパーでも顕著にその傾向が見られる。
お店の構造自体がこのような事態を想定されて作られていなかったのだから無理もないだろう。
 
ボトルネックを解消したつもりが、結局は新たなるボトルネックが生じるだけになってしまったという、なんとも皮肉な結果が待っていたわけだ。
 

似て非なるケースでもう一つ思い出したことがある。
首都高速湾岸ルート「臨海副都心出口」の位置が2年前に数百メートル変わった。
ダイバーシティーが完成した頃から、これまでの出口の場所では高速から出てすぐの「台場中央交差点」の右折信号渋滞で車が溢れてしまい、かなり手前の高速道路上にまで渋滞が繋がるようになってしまったためだと思われる。
しかし高速道路の入り口や出口というのはそう簡単に作り変えられるものではない。
・仮設出口の新設
・現出口の閉鎖、撤去
・新出口の新設
・仮設出口撤去
といった段階を踏まねばならない。
まずは出口を急遽数百メートル先にズラす工事が行われ、さらに元の場所で同じような渋滞が起こらないような立体工事に移行、約1年がかりの工事期間を経て昨年の3月から渋滞回避が考慮された立体的な出口になったそうだ。
(図を見る限りではどのような改善がされたのかイマイチよくわからないがきっと大丈夫なのだろう(笑)
 

しかしスーパーのレジの件にせよ、この高速道路出口の件にせよ、何となく不思議な気分にさせられる。
あのぉ、なんというか……それらの問題が起こる前にね、
 
誰かしらあらかじめ予測はつかなかったものなんだろうか?(笑)
 
「新しくしてみたらばこんなことになってしまいました!大変だぁ!」
小学生の昆虫観察日記とかではないのだ。
国家事業でもそんな事態がときとして起こってしまうのは、詰めが甘いというかなんというか……
「世の中のオトナって偉そうに見えても案外いい加減だよなぁ…」と改めて思うのであった。
 
ましてや自分ごときの仕事に見落としや詰めの甘い部分、何度修正しても出続ける修正箇所等が起こり続けるのは、無理からぬことであろう。
 
と最後は自己否定のように見える自己肯定に結びつけて終わってしまおう。