日別アーカイブ: 2018年7月27日

Kindleの画面設定について

電子書籍リーダーであるKindleの特徴として、紙の本とは違い文字のサイズや種類を自分に合わせて変更できるという利点がある。
またタブレットやスマートフォンの場合は画面の縦横にも追従するので、それぞれ読みやすい画面設定をしていただきたい。
一方でこのような仕様の電子書籍なので、意図的な装丁やページデザインといったことはほぼなにもできない。
目次や写真の位置などの指定もほとんどできないし、写真の前後に意味不明な空白があったり、また無理くりなフォント調整などが画面のそこかしこで起こる。
「なんかチャチだなぁ」とは思わず、ベターなポジションを見つけていただけたらと思う。(縦書きよりはまだ横書きの方が画面の崩れ方は少ない気はしている)
 
 
さて、僕のような老眼鏡必須の中年世代となると、正直スマートフォンでの読書はきつい。
iPhoneだとフォントサイズをかなり大きくしなければならず、画面的にはあまり「本」には見えない。
しかし電車の中やちょっとした空き時間に読むなら、スマートフォンの機動力はかなり有利だ。
視力の良い方ならばそこまで文字サイズを大きくしなくても読めるだろうから、小さな画面の中に「本」を構築することは可能であろう。羨ましい限りである。
 
タブレットの横置きはもっとも普通の本に近い表示になるかと思われる。
「ページをめくる」という感覚もアナログに近い。
パソコンも画面サイズを自分の視力に合わせて選べるので問題はないが、「本」の感覚からはやや遠ざかる印象は拭えない。
 
画面をタップすると出てくる「Aa」というボタンが押すと、文字サイズやフォントの種類、画面の色などを設定できる。
 
 
選ぶフォントや画面の向きだけで、本自体の印象も変わる。いろいろ試して自分の読みやすい環境を構築していただき、より「本」に近い感覚の画面にして読んでいただけたら幸いである。
 
僕はこれぐらいの画面が一番ストレスなく読めるかな〜
 
では「アメリカ大陸弾丸横断バスツアー」を楽しんでください(^^) 
 

Kindle&電子書籍インストールガイド

本を読むならやはり紙!というコダワリを持つ方も多いかとは思うが、電子書籍の利点と可能性は果てしない。
「本を持ち歩かずとも本を読める」という矛盾した環境がいとも簡単に手に入るのは、やはり画期的だろう。
そして現代人の必携アイテムであるスマートフォンやタブレットやPCといったデバイスのほとんどに対応しているという点も見逃せない。
 
このエントリーでは普段お使いのこれらのツールを使って電子書籍購読環境を整える手順を解説しておく。
ここでは実際に僕が使っているiPhoneとiOS11を例に説明するが、Androidもきっと似たような手順で行けると思われるが、いかんせん使ったことがないのでわからない。
 
1.何はなくともまずはアプリのダウンロード。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「App Store」を起動。
 
2.検索画面で「kindle」と入力すると様々な候補が出てくる。
上段4つは多分どれを選んでも同じだと思われる。
 
3.「Kindleアプリ」をダウンロードする。
 
念のためアプリ本体は無料なので安心して大丈夫である。
 
4.次にWebブラウザーでhttps://www.amazon.co.jp(アマゾン)へ行き、「アメリカ大陸弾丸横断バスツアー」で検索をかける。(記事の一番下のリンクをクリックすればダイレクトにたどり着けますが(笑)
 
アメリカ大陸、アメリカ大陸横断程度の絞り込みだと無数の本が出てくるので検索から辿る場合はバスツアーまでしっかり入力してほしい。
 
5.本の購入は複数の選択肢が用意されている。
 
購入の場合は1,000円だが(お買い上げありがとうございます!)、Kindle unlimitedに加入している方は無料の「読み放題」を選択することもできる。
一見無料でお得のようではあるが、このサービスは毎月980円がかかるので継続的な電子書籍利用をする方にはオススメできるが、解約するのがメンドーで放置などしようものなら年間1万円以上かかってしまうので要注意である。
「え?どんな内容なの?」と購入を躊躇されているあなたには「無料サンプル」も用意されている。
序盤のサワリ程度ではあるが、本の内容を確認できるのでまずはそこで吟味していただいても構わない。
が、最終的には買ってくださいね(^^) 
 
日頃からamazonを利用しているオトナの方であればクレジットカード登録も完了しているだろうし、1-Click数秒で購入を完了させることも可能だが、未成年でクレジットカードを持っていない、現金主義でカードは持たない、自己破産をしてしまいカードが持てない等の事情のある方は、コンビニで「amazonギフト券」を購入する必要がある。
 
詳細は下記リンクの解説を読んでいただきたい(まるなげ)
 
しかしザッと読んでみるとギフト券は通常のカードタイプで3,000円〜、ちょっと面倒くさいシートタイプでも2,000円〜からとなっているようで、各種コンビニによって扱いも違うらしい。
カードの有効期限は1年なので、ちょっと気になっていた本を買うのもよいアイディアではあるが、拙著「楽痩せ」や「ダイエットミュージシャン」などを併せてご購入いただくと尚嬉しい(^^) 
 
 
以上、Kindleアプリのインストール方法と電子書籍の購入方法ガイドでした。
 

アメリカ大陸弾丸横断バスツアー 完全攻略ガイド

 
“ついにこの時が来た。
全米ツアーが決まった時からワクワクドキドキしていたことであり、そして覚悟していたことでもある。
サンフランシスコからニューヨークまでの行程全てバス移動のみの旅、(H)地点ラスベガスから先はいよいよ未体験領域に突入していく。
フリーウェイの発達した現在、ROUTE66は通らない。したがって「バグダッドカフェ」や「ラジエーター・スプリングス」を通ることも残念ながらないのだが、正真正銘文字通りアメリカ大陸をいよいよ本格的に横断していくのだ!(「1,625km移動行程記~1」より抜粋)”
 
 
ダイエット本「楽痩せ」シリーズ、架空現実小説「ダイエットミュージシャン」から一年四ヶ月の沈黙を破りいよいよ再始動、JIN SAITO 電子書籍第三弾!
 
アメリカ大陸
弾丸横断バスツアー
完全攻略ガイド
〜サンフランシスコからニューヨークまで
激走12,000Km全記録〜
例えようもなく多忙なこの時期にも関わらず、
読破していただいたHYDE氏からのコメントをいただけました!
 
2015年4〜5月、SIXX:A.M.帯同ツアーの12,000Kmの全記録にはじまり、その他計6回に及ぶバスツアー、南北アメリカツアー、ヨーロッパツアー、アジアツアーと世界中を駆け巡り、地球8周分以上を移動し続けてきた我々の経験の一部を、一冊の本に凝縮しました!
 
笑いあり涙はなし、当時のノンフィクションリアルタイム記録を再構築、僕らのロードムービー的読み物ここに完成!
 
大陸横断バスツアーの詳細を完全収録!
 
第一章「バス旅行記編」……起点サンフランシスコから最終地ニューヨークまで細分化した日記全25項目
 
第二章「長旅準備編」……スーツケースのサイズからおやつや酒の肴まで、こだわり抜いた全8項目
 
第三章「バス生活と日常編」……バス内部の徹底解説からアメリカ通信事情からカジノ必勝法まで、無駄にリアルな全17項目
 
計50項目、約12万字の文章に加え、写真163枚、現在地や移動ルートを示す地図54枚、インタラクティブにアクセスできる全ルートマップなどで固めた圧倒的な情報量と無駄に手の込んだ前代未聞の大陸横断バスツアー完全ガイド。
 
 
VAMPSファンのみならず、マンウィズやワンオクといった、海外アクティブバンドの詳細を知りたいけどよくわからない「海外バスツアー生活の全てが記された唯一の本」であり、ファンのみなさまはもちろんのこと、アーティストのみなさまもまた必読の本であること間違いなし!(ためになりますよ〜)
 
また全米デビューを控えたあなた、これから全米デビューを夢見るあなたも、これさえ読んでおけば快適な弾丸バス生活を過ごせるスキルを身につけられます!
転ばぬ先の杖!デビューの前に必ず読んでおきましょう。
 
そして言うまでもなく「ツアーバスあるある」うんちくアップ率75%以上を保証!
「ツアーバス搭乗4級検定」合格率アップ間違いなし!(そのような検定試験があればの話ですが)
 
……と様々な矛盾を孕んでいることを重々自覚した上での謎の書。

「同じバスに乗ってたのに知らないことだらけ!勉強になりました!」
同乗者にして大陸横断ツアーの首謀者であるHYDE氏を唸らせた細かすぎる攻略本、堂々完成!
 
唐突ながら本日発売!
 
アメリカ大陸弾丸横断バスツアー 完全攻略ガイド
〜サンフランシスコからニューヨークまで 激走12,000Km全記録〜
 
価格:1,000円(税込)
 
 
※KDP電子書籍を読むには各デバイスに対応した「Kindleアプリ(無料)」が必要です。お手持ちのスマートフォン、タブレット、パソコン等にあらかじめアプリ本体をインストールをしてからご利用ください。
※インストール方法や電子書籍の購入方法、Kindleアプリの使い方などは次のエントリーで解説してあります。