カテゴリー別アーカイブ: 2015 WORLD TOUR 後半

イギリス公演終了!

APOCALYPTICA U.K.TOUR SPECIAL GUEST
11/24 Wulfrun Hall, Wolverhampton
11/25 Rock City, Nottingham
11/26 O2 ABC, Glasgow
11/27 02 Shepherd's Bush Empire
11/28 Manchester Academy 2, Manchester
11/29 O2 Academy, Bristol
アポカリプティカとのU.K.ツアー終了!

毎日がライヴで毎日が移動日で毎日が早起きで寝不足気味の一週間だった。
今回の大変さの質をメンバースタッフ共に本能的に感じ取っていたのだろうか?
興味深い現象がイギリスに着いた翌日に起こった。

誰も時差ボケをしていない!(笑)

確かに今回のツアー行程は時差ボケを患っている場合ではない。
個人的な体験では2006年のFAITHツアーがこれまでもっとも過酷な「日々ライヴで移動の日々(笑)」だったのだが、日本国内とイギリスではやはり心情的な安心感がまるで違う。
極端に短い転換時間や撤収時間など、スタッフにとっても相当大きなプレッシャーだったと思う。

そして、このような過密なツアーを年単位でこなしているアポカリプティカの姿はやはり圧倒されるなにかを感じざるを得ない。
IMG_6596
Cello3人+Drum+Vocalという異色の編成のメタルバンド

海外フェスの参加アーティストのスタッフTシャツに記されている日程を見てはビックリし、アポカリプティカの年間行程を見せてもらってはビックリさせられる。
このペースでワールドツアーを続けているのだ。
明日からはさらにベラルーシやロシア方面をまわるそうだ。
タフの次元が違うようにも思ってしまう。
IMG_6544
マニアックネタ:ミッコのバスドラムにはあの高級車のエンブレムが!(笑)

世界に挑戦し続けているVAMPSだが、壁の高さや厚さを感じる日々でもある。
しかし挑戦することによって初めて実感できることだし、挑戦しなかったらどれだけのものなのかを知ることはできない。
漠然と「大変そうだなぁ…」と思って想像や様子見をしているのと、実際に動いて「やっぱり大変だなぁ…」と実感するのには雲泥の差があるのだ。

前回の北米ツアーにしても南米ツアーにしても学べたことが山のようにあったが、今回のイギリス国内での過密な1週間も非常に大きな糧となった。

積み上げた経験はどんなことでも決して無駄にはならない。

そして初体験というものは何歳になってもドキドキするものだ。
年齢を重ねて精神的に乗り切る術を何とか身につけられるようになったと思えば、それに反比例するように体力がヒイヒイ悲鳴を上げ始めてくる。
ドキドキの質は変わってくるものだけど、この刺激は日々の中で一定量はあった方がよいと僕は思っている。

IMG_6561
恒例のVAMPSはどーこだ?
そして若き日本のバンドも来月のヨーロッパツアー公演でここに来るそうだ

ところで今回のイギリスツアーはご存知MAN WITH A MISSIONと非常にニアミスをしながらの移動だった。
狼さんと時にはTwitterでからんだり、メールでお互い励ましあうことができたりしたのもとても素敵な経験となった。
(僕はカミカゼボーイ、通称ボイさんとメル友なんである。彼は人間語はしゃべれないが日本語でのメールのやり取りはできるのだ(笑))

なかなか異国の地ですれ違いなんて経験、普通は起こらないのだが、彼らとはこれが初めてではないのがまた面白い(笑)

またいつか、同じステージに立てる日が来ることを隠れ狼ファンとして願うばかりだ。
ちっとも隠れてないけど(笑)


さて、帰国準備をせねば!
日本に帰ったらまずは何を食べようか?
このネタだけで30分は時間を潰せる。