カテゴリー別アーカイブ: コラム

ジャパニーズウイスキー高騰

みなさんは「世界の5大ウイスキー」をご存知だろうか?
アメリカ、カナダ、アイルランド、スコットランド、そして日本のウイスキー達をそう呼ぶのだそうだ。
 
ウイスキーと一括りにされてはいるが、それぞれバーボン、カナディアン、アイリッシュ、スコッチ、ジャパニーズといった通称もついているにはいるが……バーボン以外はひねりがなくてそのまんまではないか(笑)。
 
これら5大ウイスキーはそれぞれ特徴を持っており、味もクセも異なるのだが、どうも最近ジャパニーズウイスキーが異常なほどの高騰をしているらしい。
 
ことの始まりはハイボールの人気が原因で「白州」の生産が追いつかないというニュースを見たあたりからだっただろうか。
「え?そんな美味しいウイスキーをハイボール(炭酸割り)にしちゃうなんて贅沢だなぁ」と思うぐらいだったのだが、そこから一ヶ月も経たないうちにあれよあれよと白州、山崎、響といった高級ウイスキーの値段が高くなっていったらしい。
 
海外からの買い付けやらオークションやらで煽られまくったのも大きいらしい。
 
ウイスキーは8年とか12年とか、もしくはそれ以上の長期間静かに樽の中で熟成させるお酒なので、今から増産したところで供給が安定するわけではない。
必然的に希少価値が高まり値段は高騰していく。
 
まぁ普段はめったに飲まない高級銘柄ばかりなので庶民の我々には関係ないしな、と思っていたのだが……
あれ?ちょっと待てよ?とゴソゴソと整理をしてみると……出てきちゃったのだ!
 
どどーん!
うわぁ……これが今話題の値段の高騰したジャパニーズウイスキー!
 
どれも開封してあるので転売とかはできないけど「どれぐらいの価値があるのかな?」……頂いたものの値段を調べるのはちょっといやらしい気もしたのだけれども……誘惑に負けて調べてしまった。
価格.comの価格推移表を参照した現在価格は以下の通り。
 
竹鶴21年……36,720円
響 17年……74,916円
山崎18年……80,892円
───────────
 合計   192,528円
 
ほほう。イイ値段なんだなぁ……ほほう。(ぷるぷるぷる)
※オークションではさらに高値で取引されている
 
やはり普段から呑んべいを自称していても、こうやって高級なウイスキーは有事に備えてとっておかないとね。
オトナのヨユーってやつかな?(ぷるぷるぷるぷる)
 
え?何をさっきから震えているのかって?
いや、、、あのその、、、
 
スミマセン!とうの昔に全部飲んじゃっていてとっくにありません!
 
というか、3年前の写真を昨日たまたま見つけたことで、今回みたいなブラフ記事を書いてみたくなったのでした!(´_ゞ`)ちーん
 
自称呑んべいの自分がこんな美味しそうなウイスキーを頂いて、飲まずにそのまま取っておくと思いますか?
……もらってすぐ開封して飲み比べとかしちゃったし。うっしっし。
 
まぁさすがにどれも尋常じゃない美味に「ヤバイ…これは酔った勢いでカパカパ飲んでいいような酒ではないぞ」と自制心が働いたので、数ヶ月かけてちょっとずつチビチビといただいていたけれども……
それでもすっかり飲みきってから2年半は経っていますなぁ……
 
ここまで値段が高騰するとわかっていたら……それでも飲んじゃっていただろうなぁ(笑)
というか、コレらが本当に今この状態で出てきたら……もったいなくて飲めないような気がするし!
開封後も風味を損ないにくい種類のお酒とはいえ、おのずと限界もあるだろうし。
だから飲んじゃっていてよかったのだ。
 
先月ハイド様からいただいた高級ウイスキーも全部飲んじゃいました♪
 
下手にまた高騰されでもしたらいよいよ飲めなくなってしまうので、これでいいのだ!←と天才バカボン風に終わる