「コラム」カテゴリーアーカイブ

どうでもいい話

今日はどうでもいいが致命的に恥ずかしい告白をしてみたい。
Twitterで140文字以内の簡潔な短文で告白をしたかったのだが、どうにもニュアンスが伝えられそうにもなかったのでブログに書くことにした。
 
みなさんの生活の中に一定の割合で浸透していると思われるブリックパック。
いちご味、バナナ味、フルーツ味、コーヒー味、ヨーグルト味、といったジュースとミルクを足したような味の乳飲料が多いかと思う。
告白というのは他でもない。
僕はこういった形状のブリックパックが子供の頃から得意ではなかった。
イチゴ味もバナナ味もフルーツ味も味自体は大好きなのに、パック本体に付属しているこのストローとの相性が悪かったからだ。
二段階式に伸びるストローが満足に伸びてくれなかったり、差込口に入れたらなにごともなくそのままストロー全部が中に入ってしまい、、、「え…で?どうしたらいいの?」と途方に暮れたりと、昔からろくなことがない。
(慎重に取り扱っているにも関わらず「ピュッ」と中味が飛び出してしまうことも数え切れないほどやらかしている)
 
そもそもこのストロー、なぜこんな強力な粘着力でパックにくっついているのだ?
それを剥がすだけでも大変だし、袋状をしたビニールからストローを取り出すのも大変だ。
(この時点で「え???」と思った方はどうかそのまま読み進めていただきたい)
 
粘着力の強いビニール袋をパックから剥がすのがまず大変、そこから細いストローを指先を使って取り出すのも大変。こんなもの小さな子供が取り出すのはまずもって無理…
と思っていたのだが、昨日僕のとなりにいた4歳ぐらいの女の子がいとも簡単にスポッとストローを取り出しているのを無意識に見てしまい…3秒後に
「!!!???えええええ!!!!」
と驚かされた。
 
思わず自分でも数年ぶりに苦手なブリックパックの飲料を購入し(上の写真)、その女の子と同じように試してみる。
 
ストローをパックから剥がさずそのままストローのお尻を押せば簡単にビニールを破って出てくるではないか!というか、そのための強力な接着だったのか!
 
51年間知らずに生きてきてしまった!(恥)
 
追記:こういうタイプのものも全て、まずストローを剥がしてました。
 
しかし今まで誰も僕のそういった動作の誤りを指摘してくれる人がいなかったのはなぜなんだろう?(-“-)
 
おそらくは…多分そんな細かすぎる仕草など誰も気にしていないのだろう。
 
そしてなぜ今までずっとストローを剥がしていたのかと分析するならば…多分ビニール部分がパックなりカップなりに付着したままの状態が微妙にイヤだったような気がするが、後付の感情のようにも思う(^^;
 
 
本当にどーでもいー話でしかないのだが、自分の中では「今になって知ったこと」というちょっとした感動話であるわけだ。
無理やりお付き合いいただいてしまって申し訳ないが、話は以上である(笑)
 
追記:なぜストローを剥がしていたのか判明。小学生の頃の昼食時に配られていた「森牛乳の三角パック」なのだが、学校の方針としてパックとストローを分別してゴミ出ししていた。その頃の名残りがそのまま成人した今も続いていたらしい。
恐るべし無自覚で無意識な習慣!

テレビという名のフィルター

 
関西方面に甚大な被害をもたらした台風21号、そして北海道で震度7を観測した大地震で被災された皆様、心よりお見舞い申し上げます。
一日も早い復旧、並びに現状復帰を心よりお祈り申し上げます。
 
 
災害続きの日本列島である。
台風で西日本に甚大な被害をもたらしたかと思えば翌日の北海道大地震…
我々の国に試練が続いているように感じる瞬間があったりもするが、杞憂であると信じたい。
 
それにしても今回の災害で顕著に感じたことは「もはや報道に関わる人の多くが職を失っているのでは?」ということだった。
ニュース映像の多くが「SNSで拡散されている動画が再編集されたもの」、つまるところもはやほぼ全てのソースは一般人の撮影した動画がほとんどで、業務用カメラ映像は、せいぜい記者会見やスタジオでの解説程度といった印象しか抱けないのだ。
 
いつの間にか報道機関は「まとめサイト」のような役割になってしまっている。
下世話なスッパ抜き等の芸能人張り込みネタ等を除けば、もはや「スクープ映像」は一般人によって撮られるものになってしまっているのではないだろうか。
 
現地での報道にしても、レポーターが派遣されて取材をする映像はまだしも、ディレクターが直接一般人にインタビューする映像などは画像も荒く編集も粗雑だ。
ユーチューバーの作る映像との差をほぼ感じない出来栄えといっても差し支えあるまい。
逆に言えば、撮影編集機材の進化によって素人でもクオリティーの高い映像作品を簡単に作ることができる時代になっているのだろうし、実際そういったハードウェア面でもほぼ同等になっているのだろう。
 
そしてテレビで流れる映像とSNSで流れる映像の印象を比べると…もはやテレビは「リアリティー」という方向性ではSNSに大幅な差をつけられているといって差し支えないような気がする。
そこで起こっているリアル」は、一般人視線、未編集の映像の方が圧倒的に勝っているように思う。
 
どういった倫理規定でカットされているのかはわからないが、印象としてのテレビの映像は、肝心な部分にフィルターをかけているかのような?まるでオブラートにくるんでしまっているような?映像に思えるからだ。
 
それだけならまだしも、TV番組は根拠に乏しい自称専門家や御用学者の余計な意見によって事実を歪め伝え、少しずつ少しずつ「真実」とは異なった印象に誘導しているようにも思える。
 
 
Twitterにちょろっとリツイートもしてみたのだが、東大地震研の予想はまたしてもはずれた。
にもかかわらずどのツラ下げて毎度毎度彼らはテレビにノコノコと出てこられるのか?
「厚顔無恥」とはまさにこのことであろう。
 
前にも書いたことではあるが、彼らが地震の研究を続けることは一向に構わない。
しかし、今後は地震予測の事前発表は一切控えたほうがよろしいかと思う。
人々の生活や生死に関わる重大な案件であるにも関わらず、ここまで結果として「当てずっぽう」の予測しかできないのでは困るのだ。
 
事実彼らの「当てずっぽうな予測」で東海地方に膨大な耐震対策予算が割かれたトバッチリで→十分な予算を与えられず→結果として大被害を被ってしまったのが→今回の北海道であり→数年前の熊本であり→そして福島→中越→阪神大震災であっただろうからだ。
30年以上前から南海トラフや東海地震といったワードを聞き続けたにも関わらず未だ起こらず。
起こらないのはよいとして、その間に一体どれだけの大地震が日本列島各地で起こってきたことか?
そしてどれだけの犠牲を払ってきたことか?
無責任にも程がある。
 
「日本中のいつどこでどの規模の地震が起こるか全く検討もつきません」が結論ならばそれで構わない。
しかし「今から30年以内に千葉か横浜で震度5以上の地震が来るかもしれないし来ないかもわからない」と既にして言い訳だらけの、「それ予想?」というレベルの世迷い言をのたまり続けて50年間、笑うしかないという程に一度として当たることなくハズし続けているのだ!
 
http://jinxito.com/2018/06/18/earthquake/(6/18のブログ記事で使用した画像を引っ張ってきました)
 
前回同様、これだけ広範囲の地震予測にもかかわらず(これを予測と言えるならば…ではあるが)今回の震源地も狙いすましたかのようにピンポイントではずしている。
 
 
そんなことに年間数百億円の予算が投じられているのかと思うと…「どうなんですかその方向性は?」といった疑問も抱きたくもなってしまう。
少なくともそう思ってもバチは当たるまい。
 
(2011年4月の記事。7年経ってもこの国は何も変わっていない)
 

話を戻すと、一般人がスマートフォンで撮影した動画がSNSを通じて世界中に拡散される。
情報規制もなく今目の前で起こっている出来事を世界中の人間がたちまち共有できること。
これは素晴らしい流れだと思う。
既得権益やらオトナの事情やらでがんじがらめのジャーナリズムというフィルターを通すことなく伝えられる真実。
しかし本来のジャーナリズムとはそうあるべきものだったはずなのに…とも思う。
 
いつから我が国ではここまで事実を捻じ曲げなければ公共の電波に乗せられなくなってしまったのだろうか?
 
今回の二つの災害の報道。
ネットとテレビを見比べてハッキリと感じた差異であった。
 
 
最後に無理くりゾンビネタにつなげるわけではないのだが、故・ジョージ・A・ロメロ監督は10年前の2008年の時点で既にそういった視点の「ダイアリー・オブ・ザ・デッド」という映画を撮っている。
人間はこの感覚に慣らされていくと、最終的には目の前で起こっている現実よりも、YouTubeで見る映像、フィルターを通して見る映像にリアルさを感じるようになるという警告をした映画であった。
当時はピンと来なかったテーマも、今になってみると非常にわかりやすい内容であると思える。
※まぁゾンビ映画なんで「目の前のゾンビが信じられずに食べられちゃう」って、、、ぶっちゃけそんな話なんですけどね!←それよりだいぶ奥深いし!
 
※ゾンビ作品のバナー貼り付けは過激な画像が多いのでなるべくマイルドなものを貼るように気を使っております(笑)。現在Huluにて配信中!

毒について考える

微量の毒は薬となるが、大量の薬は毒になる。
また、善玉と思われていたビフィズス菌等の「聞こえのよい細菌」が実は人間の腸内解釈では「外敵」として認識され総攻撃を食らう対象であったという意外な事実についてをまとめた前回だった。
 
ところで自然界には食物連鎖を基本とする上下関係のようなものがあるのだが、外敵から身を護るために「毒」を持つ生物や植物が多数存在している。
 
コアラの主食であるユーカリの葉は毒性が強く、コアラ以外の動物は食べることができないそうだ。
ではなぜコアラだけがユーカリの葉を食べることができるのかというと、そこにはコアラという愛らしい見た目をした動物の悲しい進化の歴史があった。
つまり、愚鈍でおとなしいコアラという生き物は、生存競争の中で他の動物に勝ち抜くことができず、結果として他の動物が見向きもしない毒の葉っぱを食べることに順応することで、競争率のない食べ物を勝ち取ったそうなのだ。(コアラは体内でユーカリの毒素を分解する酵素を出すことで無毒化をしている)
 
 
真実は定かではないのだが、コアラはユーカリを美味しいと思って食べているわけではないらしいという説がある。こればっかりはコアラの心のわかる読心術者でもない限りはわからないことだろうけれども、少なくともユーカリの葉は毒性が強いのに加え、栄養素も乏しく消化も悪いそうなのだ。
可哀想なコアラはそんな葉っぱを消化することに生命エネルギーの大部分を注がなければならず、一日のうちの20時間を眠ることによってかろうじて生存ができているという非常に効率の悪い生涯を送らなければならない運命なんだそうだ。
 
ここまでをまとめると、毒性を持つ植物は「俺を食べたらひどい目に合うぜ?」という警告をしているわけであり、それは動物の防御、例えばスカンクのオナラ、ハリネズミのハリと同じような威嚇的な性質であるのだろう。
ユーカリのように善戦むなしく順応され食べられてしまう例外もあるけれども、あくまでも「食べられないための努力としての毒性」であることに違いはない。
 
 
一方の果物に関してはどうだろうか?
完全に真逆の方向性を向いている。
 
甘い香りを放ちつつ、むしろ「ほら!わたしを食べて!」と動物に捕食されるためのアピールを怠らない。
食べやすく柔らかい果肉は美味ではあるが、その中にある種は消化されずに残留したまま糞の中に排出される。
大地に根を張りそこから動けない植物は、自らの子孫を繁殖させる手段として、動物に実を食べられ種を遠くに運んでもらうという遠大な計画により、自分自身が美味しくなることを進化の道として選んだのだろう。
これはこれで納得のできる生態系のあり方だと思える。
 
ここまでが前説のようなもの。
面白い話はここからだ。
 
最近になって「毒であることを悟られないようにしつつも積極的に食べられようとしている菌類」の存在が明らかになってきている。
つまり、防御としての毒ではなく「美味しそうでしょ?食べてごらんよ!」と果物のような魅惑的なルックスと芳香で動物を誘惑する存在だ。
 
そしてこの誘惑は野生動物に限らず、過去の歴史から人間も騙されてしまっていたことがわかる。
おわかりだろうか?
 
いわゆる「毒キノコ」だ。
食べると死んでしまう猛毒キノコについての記事
 
多くの毒キノコの特徴として挙げられる「すぐには効果のあられない毒性」が長年疑問視されていたそうだ。
「食べられないようにするための防御としての攻撃」であるならば、味はまずくてニガくて口にした瞬間「危険!」と思われることが大切だ。
いかにも危険そうな見た目というのも重要なのに、毒キノコはそこまで毒々しいルックスをしていない。
 
そう、ほぼ全ての毒キノコは防御をしているようにはまるで思えない。
 
むしろ果物のように魅惑的な香りを放ち動物を引き寄せて美味しく食べられるわけだが、食後数時間〜数十時間が経過しないと毒が効かない。
これでは食べられ損のようなものではないか。
なぜ毒キノコはそのような性質をしているのだろうか?
 
なにかの罠?
そう!明らかにこれは罠!
そこには植物のタネと同じ働きが隠されていたのだ。
 
毒キノコを食べた動物はしばらく森の中をウロウロした後、ゆるやかに毒が体内を巡り、やがて動けなくなり死に至る。
亡骸は「森」によって速やかに分解され土に返される。※ここでの「森」とは小動物や昆虫や微生物といった森に生息する生物全体を指す。「動物→植物」という一方的な食物連鎖のように思えても、動物が死ねばその養分は結果として土に養分として返り、植物に還元されるという『循環』をしていることがわかる。
 
毒キノコを食べた瞬間にその場で死なない理由も「森全体に栄養素としての動物の亡骸をまんべんなく広げるためには即効では効かない毒性の方が都合がよい」と考えると、実にすんなりと腑に落ちる話となる。
 
そういった仮説を前提に改めて毒キノコを見てみると、警戒色というよりはむしろ「より目立つ」という方向性での進化をしてきたようにも思えてくる。
夜行性の動物にも発見されやすいもの、あるいは見た目が地味でも普通のキノコと見分けをつけにくいというもの、どちらもいかにも罠っぽい。
 
 
毒キノコとは、「森」という大きな意味での「巨大生物」が生み出した特殊な存在なのではないだろうか?
 
もしかしたら動物と植物の生態バランスによって毒キノコが大量に発生したり、減ったりしているということもあるかもしれないというか、きっとあるに違いないような気がする。
 
森のなかのバロメーター、バランサー、守護神こそが毒キノコなのでは?
 
現時点ではまだ仮説の域を脱してないそうなのだが、実に興味深い内容だ。
 
 
前回の内容と同様、毒キノコはごく少量を摂取する分には多幸感や幻覚などの快楽をもたらす麻薬として作用するが、一定摂取量を上回れば毒となり死に至る。
 
 
尚、本文とは全く関係のない話だが、僕の実の兄は「キャプテン・ウルトラ」に出てくる宇宙人「バンデル星人」を、「あれは椎茸のお化けなんだぞ〜」と父にからかわれたのを当時真に受け、それ以降椎茸が一切食べられなくなってしまったというトラウマを抱えていたが、、、今もそうなんですか?(笑)
 
〜本日の結論〜
毒キノコには注意しよう
バンデル星人にも注意しよう

原作か原案か

ここへ来て「カメラを止めるな!」に原作となる舞台があったことが明らかになったというニュースをいくつか読んだ。
原作者の方のインタビューも読んだ。
思うことはいろいろあるが、なかなか複雑な経緯の中での問題なんだなぁと思った。
 
一個人の意見としては「カメラを止めるな!」は面白い映画だと素直に思う。
原作となる舞台があったと知った上でも、その面白さが変化することはない。
 
なにか不手際があったのならば訂正をすればよいし、複雑な事情と経緯から原作表記をしにくかったこともうっすらながら想像がつく。(これは主に原作者のインタビュー内容から推察できた)
 
パクリとは違う問題だとも思う。
これまでの監督のインタビューの中には「GHOST IN THE BOX」というタイトルがたくさん出てくるし、一度は原作の映画化を試みて頓挫したことについても余すことなく語っている。
その上で登場人物や設定を大幅に変更し、新たな脚本で違う作品に仕上げたとも語っている。
ひた隠しにしたいのであれば(つまりパクリだという自覚があるのならば)、そんなことを語る必要は一切なかったはずだからだ。
 
映画のテロップには「原案 GHOST IN THE BOX(和田亮一)」と入っているそうだが、今回揉めているのは「原案ではなく原作と表記して欲しい」ということらしい。
 
う〜ん、またも個人的意見を言わせてもらえば「うん、どっちでもいいんじゃない?」となるだろうか?
舞台の構成と映画の構成が酷似していたからといって、それがすなわちパクリになるのかと言えば、決してそんなことはないとは思う。
 
「死んだ人間が生き返って人肉を求める」というゾンビの設定を、もしもジョージAロメロが「私が考えたネタを無断で使うな!」と権利を主張したらどうだろうか?
もちろん彼はそんなことはしなかったし、感染するように定着していくゾンビ設定をむしろ喜んでいたのではないだろうか。(それこそ「ウォーキングデッド」などは、ある意味では過去のゾンビ作品全てをパクリまくった作品といっても過言ではないだろう)
 
インスパイアーされた作品との類似点がどれだけあっても、まずもって違う作品となるのだし、「同じアイディアでこうしてみた!」という変化球にオリジナリティを主張するのもどうなんだろうか?という思いはある。
 
原作を主張する和田氏にしても「自分の作品がカタチを変えてこうしてヒットして嬉しかった」と素直に思ったというくだりに、僕はとてもホッとさせられるのだ。
 
なにか良いカタチで決着、和解してくれたら…と願うばかりである。
 
ネタバレなしの僕の初見の感想はこちら。
「低予算映画の魅力とは?」

POISON

布袋さんの曲名ではない。
今日は「毒」についていくつかまとめてみたい。
 
僕は昔からこの「毒」という言葉に何らかの魅力のようなものを感じていたように思う。
グリム童話をはじめとする西洋の物語の中には数多くの「毒薬」が登場するが、「死んだふりをする薬」とか「飲んだ途端すぐ寝てしまう薬」といった、かなり都合の良い作用の毒薬も数多くあった。
 
 
フグの猛毒「テトロドトキシン」はとても有名だが、「ゾンビパウダー」なるゾンビを生み出す秘術に用いられていたらしい?といった説がある。(そもそもゾンビとはハイチ地方の土俗信仰ブードゥー教の「死者を蘇らせる呪術」がその原典となっている)
ゾンビとはフグの毒を利用して人間を仮死状態に追いやり一旦死者とした上で再び蘇生させていた、といったブードゥーマジックの種明かし的な説があるにはあるのだが……この辺りは「ゾンビ伝説」という映画を見ると参考になるようなならないような?(笑)
 
「毒」の効果としてまず特筆すべきことは、何といっても「少量の毒は身体に良い作用をもたらす」ということだ。
お医者さんにもらう薬にしても、用法を守れば速やかに症状の緩和に向かってくれるが、飲み過ぎれば最悪は死に至ることだってある。
「薬」が「毒」になってしまうということは、逆説的に「毒」が「薬」になるということにもなる。(だからといって猛毒は猛毒、良薬とはなり得ない例外も数多くあるとも思うけれども)
「少量の毒が薬となる」格好の例が、まさしくワクチンの摂取だろう。
 
我々が好む嗜好品のほとんどにしても「毒」となりうる。
お酒にしてもタバコにしてもコーヒーにしても甘いものにしても辛いものにしても、適度に楽しむ分には精神を豊かにかつ幸せにしてくれるものだが、当然どれも摂取量が多過ぎれば身体にとっては害、つまり毒物となる。
 
一合の酒は多幸感を与えてくれるが、一升の酒ともなれば精神を乱し身体を蝕む。
お酒はほどほどに。という話をしたいわけではない。
 
良薬と毒薬は表裏一体なのである。
 

僕はこれまでにもこのブログで度々「明治R-1」といった乳酸菌飲料が二日酔いに効果あり!といった報告をしてきた。
「二日酔いの特効薬」
「腸内妄想」
 
「腸内まで生きて届く1073R-1乳酸菌!」といった宣伝文句を見てみなさんはどんな印象を抱いているだろうか?
おそらくは僕と同じく「きっと善玉っぽい菌が腸内まで届いていろいろ働いてキレイにしてくれるんだろうなぁ」といったイメージを抱いていたのではないだろうか?
 
ところがである。
 
我々のイメージとはむしろ真逆の作用が腸内で働いていたという衝撃の事実を知ったのは比較的最近のことだ。
僕は専門家でも何でもないので、以前読んだ記事のイメージをやや誇張して伝えることになるとは思うのだが、大体の雰囲気だと思っていただければ幸いである。
 
胃の中に入り込み胃酸によって本来分解されるべき食物の中で、いわゆる「善玉菌」と呼ばれている数々の菌、ビフィズス菌であったり納豆菌であったりは、胃の攻撃をかいくぐり、生きたまま腸内に侵入してくる。
そう!本来ならば撃退されるべきはずなのに、しぶとく生き残って腸内に入ってくるのだ!この時点でもうイメージとはだいぶ違う。
 
人間の体内はどうするか?
この外敵のこれ以上の侵攻を食い止めなければならない!
そこで腸内に常駐している腸内細菌がそれらの菌に総攻撃を仕掛けるのだ!
つまり我々が「善玉」と思っていたヤクルト菌やR-1菌や納豆菌というものは、人間の体内からしたら「自動迎撃システムが作用しない厄介な敵」という位置付きになる。
つまり腸からすれば、悪玉以外の何者でもないのだ!
 
これが「腸内フローラを活性化させる」というメカニズムの真の正体なのである。
……なんだよ、ずっと好印象を持っていたのに真逆だったのかよ!
 
 
しかし結果としては、それが人間の健康に繋がっているというのが面白い。
人間の腸内に生息している細菌は100~3000種類、数にして100兆〜1000兆とも言われており、驚くなかれ、その総重量は2.5Kg~3Kgに達するそうである!
それらが総動員して活性化するということは、それすなわち小腸内の機能がフルに働くということに他ならない。
人間のウンチの半分ぐらいはこの腸内細菌の死骸だという。
我々をカタチ作っている要素として腸内細菌は欠かせない存在だ。
そんな彼らの「ヤル気スイッチ」こそが、腸内まで死なずに到達する“善玉菌”、別名“ツワモノ菌”だったのだ。
 
今現在僕は腸内細菌を活性化させるために某乳酸菌を毎日1兆個投入している。
ヨーグルト味で美味しいタブレットなのだけれども、「腸まで届け!そして暴れろ!」といった昔とはまるで違う別のイメージで飲み続けている。
100兆相手に1兆では勝ち目はないが、勝たれても困る(笑)。
 
善玉菌のイメージ、変わりました?
 
次回も別の毒について、同じく意外な側面から語ってみたいと思う。
 

ブログ授業〜2

80年代の音楽は確かに全体の構造を耳で理解するところまでは出来ても、決して簡単には近づくことのできない決定的要因があった。
今の時代とはまた違うジレンマがあったのだがおわかりだろうか?音楽業界のみなさま←
といった前回からの続きである。
 
ジレンマの正体とはそう、単純にプロとアマの機材に差がありすぎて、とてもじゃないがプロレベルのサウンドを再現できるようなアイテムを揃えられなかったのである。
 
録音スタジオの設備だけでも数億円、シンセサイザーやサンプラーといった機材も数百万円が当たり前。
フェアライトやシンクラビアといった1,500万円〜8,000万円(ハッハッセンマンエンンンン!!!???)するような機材まであったぐらいなのだ。
そんな圧倒的物量悪魔的金額差で作られていた当時の「音」。
それをマネして10~25万円程度の国産シンセにコンパクトエフェクターをつないで4chのカセットマルチレコーダーで録音していたのでは、程遠い音しか作れなかったのも無理あるまい。
DX-7×2,DX-7II,JX-3P,VC-10,S612,MSQ700,SPX90,MT44D&RM602,MPK130で宅録中。友人の機材をかき集めDX7が3台になって滾りまくっていた二十歳の夏)
 
ところが現代はこういった機材格差があまりなくなってきている。
もちろん相変わらずプロ用機器という高価な機材があるにはあるが、そこまでの圧倒的音質差や性能差があるかといえば、かなり微妙だと思われる。
また逆の発想の技術がどんどん進化しており、例えば日常ノイズ(空調のブーンといった音など)だけを録音トラックから除去してしまう技術、安いマイクで録音した音を高価なマイクで録音したような音に変えてしまう技術、ギターのアンプやドラムを鳴らす部屋なども後から変えられてしまったりする。
つまり「防音のしっかりしたスタジオ」すらコンピュータ技術によって駆逐されようとしているのだ。
ピンと来ないかもしれないが、もはや「なんでもあり」の時代だと言えよう。
 
 
では現代の最新技術で80年代サウンドを再現することは可能だろうか?
一部のコレクター間でやりとりされている当時のビンテージシンセの値段は現在信じられないような金額に跳ね上がっているらしいが、そういった「あくまでもホンモノ」にさえこだわらなければ、いろんな手段が用意されている。
 
映画「ジュラシックパーク」の中の恐竜のように、新たな技術によってビンテージシンセと呼ばれている数々の名機がパソコン画面の中で蘇っているのだ!
 
 
このARP ODYSSEYはYMOが初期によく使っていたシンセサイザーなのだが、よ〜く見るとこれが写真ではないことがわかるだろう。
そう、パソコンの画面の中だけに存在する「バーチャルなシンセサイザー」なのだが、これが実によくできていて、そのまんまの音が再現されている。
 
「物理モデリング」という技術は当時のシンセサイザーと実に相性の良い技術のようで、今では失われてしまった回路を“プログラム上に蘇らせる”ことに成功をしたのだ。
 
こういったことを書くと「いやそのまんま同じ音ではないですよ」とマニアックな否定をしてくる方がおられる。そりゃそうだ。完全に同じということはない。
しかし、そもそもこの時代のシンセは個体差による当たり外れの幅がかなり広かったので、当時も「完全に同じ音」を同モデル別個体で作ることは厳密にはできなかったような気もする。
 
それともう一つ思うことは、結局はPCにデジタル録音してしまうのだし、そうなったらそれ以降の音の編集やら加工も全部デジタル処理。ならばもうそこまでアナログにこだわらなくてもいいんじゃないのかなぁ?という気にもなってくるが、そこはあくまでも僕が個人的に思うことだ。
 
少なくともこれだけの実機を部屋に並べてメンテをしつつ保管するなんてことは不可能だ。
 
 
ここまでをまとめると、
 
・昔の名機の音が現代では安価に再現できるらしい!
・憧れることしかできなかったあの音を手にすることができる!
・80’sサウンドを手に入れたい自分で鳴らしてみたい奏でてみたい!
 
といった流れに乗りたい方というのは、当然80’sサウンドを身近に聴き続けて来たあなたということになりはしないだろうか?
必然的に「オトナのためのDTM」というくくりになった次第である。
 
いよいよ懐かし楽しい講座のヨカーン!
 
80年代に生まれてすらいない若者をターゲットから外すというニッチ層に限定した講座、、、というわけではないのだけれども、当時中学生〜社会人やっていた人はDTMに興味がなくても無条件に面白いと思います!
あ、生まれてない人もそこそこ楽しい講座です!←手遅れ
(ってか1990年生まれが今年28歳というのはマジなのか?)
 
と、ここまで書いて読み返してハッと我に返る。
「ちっとも難しくない内容ですよ〜」というテーマで書き始めたはずなのに……ちっとも簡単なことを書いてないような気がしてきた。あわわわ。
 
次回はYouTuberもどきの実演動画で「大人のためのDTM講座」をまた別視点から熱くセンデンしたいと思います。
 

ブログ授業〜1

「大人のためのDTM講座」なるセミナー?クリニック?も今月末で3回目となる。
なんとなく興味はあるけれども敷居が高そうだなぁ……と思われている方が案外多いっぽい。
実際そんなに難解な講座ではないのだが、DTMという言葉自体が醸し出す難易度増しの雰囲気は否めない。
そこで今日からしばらくこのブログの中で簡単な講義を並行してやってみたい。
 
ところでこの「大人のためのDTM講座」の根幹には「80年代音楽」、いわゆる80’s Musicを教材にしているケースが多い。
近年の音楽は複雑化しており、耳コピするのも非常に困難でキッカケを掴みにくいといって差し支えなく、「かっこいいけど、正直なにがなんだかチンプンカンプン」というのが率直な意見ではないだろうか?
聞いて楽しむ分には何の問題もないのだが、一度音楽を分解するという行程を経ての説明、パソコンを使っての再現といった流れの中では、現代音楽はやや扱いにくいのが実情だ。
DTMの入り口が最新のEDMとなると、最初の一歩のハードルが非常に高い位置にあることは否めない。
 
一方のエイティーズサウンドというのは、音数的には非常にシンプルだ。
様々な理由が挙げられるが、最も明確な理由として筆頭に挙がることは……
即答できますかな?音楽業界のみなさま←
 
それはマルチトラックレコーダーのチャンネル数が今よりもずっと少なかったからだと断言できる。
スマートフォンと同じぐらいの幅……は言い過ぎだが十分すぎる太さの2インチ幅テープが使われていた。
「DIGITAL」のロゴが時代を感じさせるSONY PCM-3324
 
現代では録音トラックはDAW(Digital Audio Workstation)上、実質無制限となっているが、80年代の録音機は16~32チャンネルが限界、音楽表現が一気に豊かになるのには1989年のSONY PCM-3348の登場を待たねばならなかった。
(※80年代回顧録……それ以前も24chと24chのレコーダーを同期させる“スレーブ回し”という重い宣言の後に儀式的作業を経ることによって、チャンネル数を増やすことはできたのだが、2台のレコーダーのシンクロは非常にレスポンスが悪く、また物理的機械動作音をガッチャンコガッチャンコ鳴らしながらモタつく録音作業は誰にとってもストレスフルな録音環境でしかなく、結構スレーブ回しは憂鬱だった)
 
 
当たり前の話ではあるが、録音トラック数が4つしかなければ1つのトラックにより多くの音を詰め込まなければならず、一度録音してしまったら最後、バランスを変えることもできなくなる。ビートルズの時代がまさにその頃だろう。
それはそれで変更のきかない、さぞかしスリリングなレコーディングだったことだろう。
 
故・美空ひばりさんはマルチトラックレコーダーの時代であっても、常に演奏者との一発録音でしか歌わず、しかも一回しか歌わなかったという伝説が残っている。
ひばりさんはともかくとして、バックで演奏するミュージシャン達は大変なプレッシャーの中で演奏していたことだろう。
 
一方の現代では楽器パート別に録音するのはもちろんのこと、一つのパートにしても、何トラックも使って録音がされている。
ドラムだけでも12〜24chぐらい使われている。
(Kickx2,Snarex2,HH,Tom1,2,3,OverHeadx2,Ambx2これだけでもう12ch、ここからさらに各トリガーやら部屋のさらなる空気感とかを録るチャンネルが増えていくわけだ)
 
VAMPSのギター録音などは、一つのバッキングパートの精度をより極めるために一弦ずつ録音するという手法が採用されたこともある。
パワーコードの一音一音を別々に演奏して録音するわけだが、それは当然より正確な演奏技術を求められるわけで、ギタリストとしても二度手間三度では済まされない大変な作業となったのだが、やはり良い音の方がイイ!という純粋な理由と目的で寡黙なレコーディング作業がひたすら続けられた。
そこまで突き詰めて録音された珠玉のサウンドが悪かろうはずもなく、今後もずっと色褪せることのない野太いパワーコードであり続けることだろう。
 
といった非常に高度な技術で録音されている現代音楽の再現性がいかに困難であるか?うっすらとでも想像がつくことであろう。
当然そんな音楽の表層だけを耳コピしたところで同じようになることもなく、ただただ「なんで俺の弾いたパワーコードは同じ音にならないんだろう???」となるばかりだろう。
ふっふっふ。そんな簡単な話ではないのだよ。(忠告:だからといって一弦ずつ弾いてみたところでやっぱり同じ音にはならないとも思うけれどもw)
 
では80年代の音楽をリアルタイムで聴いていた我々はどうだったのだろうか?
先ほども説明した通り、80年代サウンドは音数としてはかなりシンプル、全てのパートを耳コピするのはそこまで大変ではないと言える(とは言え複雑なテンションコードといった逆に今ではあまり聞かない音楽理論的な“難解な響き”にはさんざん苦しめられもしたが)。
確かに楽器パートの構造を耳で理解するところまでは出来ても、決して簡単には近づくことのできない決定的要因があった。
今の時代とはまた違うジレンマがあったのだがおわかりだろうか?音楽業界のみなさま←
 
このお題は次回までの宿題にすることとして、続く!
 
といった話に興味津々のあなたは是非!(YMO好きの団長さんあたりは楽しい内容だと思うんだけどなぁ……と個人指名してみるw)
 
「大人のためのDTM講座〜その3」は絶賛受付中!
 
そして「アメリカ大陸弾丸横断バスツアー」も絶賛発売中!

レジの機械とお台場の出口

書きかけのままの記事があったので完成させておく。
 
僕は普通の男性よりもかなり主婦っぽい言動を普段からしているような自覚がある。
近所にあるスーパーの買い物傾向にしても「A店は野菜はよいけど魚が高い、B店は全般安いけど品質低めなので買うのは加工食品と飲み物ぐらい、C店は水曜日が冷凍食品半額デー、最近できたD店はとにかく野菜の質がよくて安い。冷凍食品は常に安い」といった認識をそれぞれ持っている。コンビニは極力利用しない。
 
さてここ数年でスーパーは一段階上の進化を遂げている。
日々利用なさっているみなさんなら「アレのことかな」と思うことだろう。
そう、レジの支払いが急速なる自動化に向かっているのだ。
 
セルフレジというとIKEAなどの自分で商品をスキャンするまで全てをお客さんがするものを指すものらしく、ここ最近のスーパーが導入しているレジの機械は一般的に「セルフ清算レジ」と呼ばれているらしい。
うちの近所のスーパーは5軒中4軒がこれに入れ換わった。
 
「なぁにそれ?」と首をかしげるあなたに説明をすると、買い物かごに入れた商品のバーコードをスキャンしてもう一つのかごに入れていく作業は従来通りレジ担当の店員さんの仕事なのだが、お会計をする機械は奥にあり、その機械を操作するのはお客さん自身なのだ。
そしてほとんど全てのスーパーは一台のレジに対して2台の支払い機があり、お客さんを効率よく振り分けているという仕組みになっている。
調べてみたらばこの商品は2013年には販売が開始されていた。うちの近所に導入されるまでに随分時間がかかったのだなぁ。
 
これまで混雑時ともなれば長蛇の列ができてしまっていたスーパーのレジが、このシステムを導入することによって大幅な効率化を果たしこれで全ての問題が一気に解消!となるはずだったのだろう。
 
確かにレジの流れはとてもスムーズになった。
店員さんもお金のやり取りをせずに「1番でお支払いください」と言ってカゴをそこに動かしてすぐに次のお客さんに対応ができるし、支払い機が2台あるので支払いがモタついても大抵は1番2番1番2番と振り分けをしていける。
 
ところがである。
時間効率とは皮肉なもので、結局レジの時間は短縮できても、お会計が完了した買い物を重いものから軽いものへと袋に入れたり、ドリップしそうな魚のパックをさらにビニール袋に詰めたり、あるいは冷凍食品にドライアイスを配置したりといったその後のお客さん自身の時間までが短縮されるわけではない。
結果として小さめのスーパーだと、それらの「荷物詰め」をするスペースにお客さんが溢れてしまい、結局はお客さんが作業台が空くのを待たされることになってしまった。
今までレジ前だった行列がなんのことはない、レジの後ろになっただけといった構図が見られるようになった。
大きな面積のお店ならこのようなことにはなっていないが、どこのスーパーでも顕著にその傾向が見られる。
お店の構造自体がこのような事態を想定されて作られていなかったのだから無理もないだろう。
 
ボトルネックを解消したつもりが、結局は新たなるボトルネックが生じるだけになってしまったという、なんとも皮肉な結果が待っていたわけだ。
 

似て非なるケースでもう一つ思い出したことがある。
首都高速湾岸ルート「臨海副都心出口」の位置が2年前に数百メートル変わった。
ダイバーシティーが完成した頃から、これまでの出口の場所では高速から出てすぐの「台場中央交差点」の右折信号渋滞で車が溢れてしまい、かなり手前の高速道路上にまで渋滞が繋がるようになってしまったためだと思われる。
しかし高速道路の入り口や出口というのはそう簡単に作り変えられるものではない。
・仮設出口の新設
・現出口の閉鎖、撤去
・新出口の新設
・仮設出口撤去
といった段階を踏まねばならない。
まずは出口を急遽数百メートル先にズラす工事が行われ、さらに元の場所で同じような渋滞が起こらないような立体工事に移行、約1年がかりの工事期間を経て昨年の3月から渋滞回避が考慮された立体的な出口になったそうだ。
(図を見る限りではどのような改善がされたのかイマイチよくわからないがきっと大丈夫なのだろう(笑)
 

しかしスーパーのレジの件にせよ、この高速道路出口の件にせよ、何となく不思議な気分にさせられる。
あのぉ、なんというか……それらの問題が起こる前にね、
 
誰かしらあらかじめ予測はつかなかったものなんだろうか?(笑)
 
「新しくしてみたらばこんなことになってしまいました!大変だぁ!」
小学生の昆虫観察日記とかではないのだ。
国家事業でもそんな事態がときとして起こってしまうのは、詰めが甘いというかなんというか……
「世の中のオトナって偉そうに見えても案外いい加減だよなぁ…」と改めて思うのであった。
 
ましてや自分ごときの仕事に見落としや詰めの甘い部分、何度修正しても出続ける修正箇所等が起こり続けるのは、無理からぬことであろう。
 
と最後は自己否定のように見える自己肯定に結びつけて終わってしまおう。

TROUBLE〜Outro

ハードディスクの名前が書き換わってしまい、肝心の手弾きシンセの音が発音されなくなってしまうというトラブルに直面した俺氏大ピンチ!
オンガクギョーカイ歴30年はクソの役にも立たないのか?(実際あんまり役に立ちません)
どうする俺?
 
という前回からの続きである。
 
それにしても書き換わってしまった外付けドライブの名前が思い出せないのがどうにも悔しい。
これが内蔵ドライブだったら「Machintosh HD/SSD」に統一しているので迷うこともなかったのだが、外付けドライブに関しては、僕はこれまでかなり適当な名前ばかりつけていた。
「JIN 2017」とか「Storage」とか「3TB Backup」とか……名前を失ったこのSSDはどのパターンを適用していたものやら……
(↑エラーメッセージに一番肝心なドライブ名が表記されていないことが実に恨めしい)
内部設定を見ようとしてもエラーメッセージが前面に出てしまって他の画面に行けない。
 
焦りながら手当たり次第に思いつく限りの名前を入れ直してみるものの、名前を変えるたびにアプリケーションを一旦終了させて起動し直さなければならないのでやたら時間がかかる。
「640G-SSD」「650GB SSD」「JIN 2018」「STORAGE」「HD」
ダメだ、認識してくれない。泣きたくなってくる。
現状では鍵盤を弾いてもほとんどの音が出ないという状況を打破できないのだ。
 
本番まであと30分を切ったあたりで脳内に何かがひらめいた!
 
そうだ!ここんとこずっと電子書籍の作成で画面のスクリーンショットを沢山撮っていたではないか!
「スクリーンショット」で検索をかければPCのデスクトップ画面の1枚や2枚出てくるのではないか?
そこには外付けSSDの名前も一緒に写っているのではないか?
早速Macの「Spotlight」で検索してみると……
膨大な量のスクリーンショットが表示される。
 
しかし……どの画像もどの画像もデスクトップ全体を撮ったものではなく、「⌘+Shift+4」で要所だけを的確に押さえた拡大画像しか出てこない。
さすが俺様、無駄を省き最小限のデータ節約術の賜物のような結果に関心する一方、やはりそんなカッチリした性格の自分を呪いたくなってくる。
せめて1枚ぐらい大雑把に「⌘+Shift+3」で画面全体をキャプチャーしたものがあってもいいじゃないかよ……
 
やはり1曲1曲丹念に再設定し直すしかないのか?
時間だけがいたずらに過ぎていく。
 
受付を終えた受講者のみなさんのザワザワした雰囲気が伝わってくる。
心配そうにこちらの様子を定期的にうかがいに来るスタジオオーナーの横ちゃん。
彼との付き合いもかれこれ20年以上になるが、こんな不安な表情で見られたことも過去になかっただろう。
 
残り15分、もはや何も思いつかない。
このまま鍵盤が機能しないまま、2時間+2時間の講座を乗り切らなければならないのだろうか?
泣きたい。
時間を巻き戻したい。
 
ディスクドライブの名前一つが書き換わっただけでこんなトラブルに発展してしまうものなのか。
前日とか自宅でならばもうちょっと落ち着いて考えることができただろうとは思うけれども、現場でリアルタイムに起こるトラブルというのは、時として悪魔的なまでに判断を見誤ることがある。
 
この時の僕がまさにそうだった。
 
なんか忘れてないか?
根本的なことを?
落ち着いてもう一度考えてみろ。
 
困った時は……ネットに聞け!
 
なぜ最初にそれをやらなかったのだろうか?
エラー画面の文字をそのままGoogleに入れてみる。
 
「Couldn’t load the file UVI」
 
あっさりと解決策を提示したメーカーのQ&Aページがヒットする。
 
 
先ほどは行けないと思っていた初期設定にあっさりと進めてしまい、元のドライブの名称もすぐに確認ができてしまい、SSDの名前を書き換えて再起動したところこれまた何事もなく開いてくれた。
開始10分前のギリギリのタイミングで全てが復帰してくれた。
突如としてはじまったトラブルは突如として解決してくれた。
 
お…おけ!
ゆくぞ!リハなしぶっつけの講座二本立て!
 

 
僕は基本的に「運命には抗わないし受け入れる派」の人間だ。
自分の身に嫌なことや困ったことが降りそそいできたとしても、きっとそれには意味があり理由があり後になれば「自分にとって必要なことだったのだ」と、前向きに思うことにしている。
 
と前々回にも書いたのだが、このトラブルにはどんな意味があったのだろうか?
 
今になって思う。
神様が与えてくれた試練の意味は「そこまで詰め込み過ぎなくてもいいんじゃないの?」ということだったような気がする。
トラブルの始まりと終わりは、まるで本番前の準備時間を意図的に封じられたようにも思えたからだ。
 
せっかく遠方から参加してくれている方もいらっしゃるのだから、ここは時間いっぱいを使って可能な限り多くのことを伝えたい。
その思いに変わりはないけれど、一方では「2時間+2時間は集中力の持続が難しい」「内容が多過ぎて混乱する」といった負の要素にもつながるようだ。
 
実のところ最終調整ができなかったので、一部二部ともお伝えできなかった項目がいくつか残った。
しかしそれは逆の課題になったような気もしている。
よりシンプルに、より確実に、という方向性を目指すべきなのだと教えられたようにも思った。
 
見直すべき点、改善すべき点はまだまだある。
だけども準備万端、リハーサルもバッチリで練り上げた内容をドヤ顔でやりきっていたら、もしかしたらそういったことに気がつけなかったのかもしれない。
そんな当たり前のことを気がつかせてくれるために、ライブ感アドリブ感を神様が采配したのかもしれないなぁ……と自分の中で思うことにした。
 
 
そんなわけで3回に渡って書き続けることだったのか?という思いは残りつつもトラブルの話はこれで終わりである。
ご静聴ありがとうございました♪

TROUBLE〜本編

前回からの続きである。
開封した「HDMIスプリッター」が機能してくれない!
「ケチって安物を買うんじゃなかった!」と後悔しても後の祭り。
 
モニター画面が一つしか使えないということは、次の三択しかないのでは?
 
1.自分がモニターを見ずに心眼を使ってDTMをやり切る
2.もしくは聴講者のみなさんに心眼を使ってもらってDTM画面を心の中に投影してもらう
3.さもなくば自分も聴講者と同じ向き、後ろ姿で講義する
 
どれもイケてないというか……心眼とか言ってるだけで実際無理だし!
 
なんて引っ張りつつも実のところヨコタベーススタジオは町田駅から徒歩3分ほどの好立地、駅前にはヨドバシカメラがあることも知っていたので「最悪当日あそこで調達すればいいや」ぐらいに思っていたのだが、案の定その通りになってしまった。
速やかにヨドバシに向かい、手短に現状のHDMIのトラブル内容を店員さんに伝えると「そういった事情でしたらコレしかないと思います」とすすめられたのが、いかにも高性能っぽい見た目の機械。
信号の増幅をしっかりしてくれる機器じゃないと厳しいと説明を受けたが、、、
くっ!ネットで買ったやつの3倍以上の値段ぢゃないか!
しかしここでケチってまた映らなかったらイヤだ。
「じゃあそれで」と即答してすぐに購入。
手痛い出費となってしまったが背に腹はかえられぬ。
スタジオに舞い戻り接続をしてみると……あっさりと2画面にマックの画面が映った。
「安物買いの銭失い」の典型例である(´_ゞ`)ちーん 
 
(どちらが安物とかは書かないが即バレのような気もする(笑))
 
しかし思わぬタイムロスをしてしまった。
まだ出音の確認すら取れていないのに会場時間まで1時間を切っているではないか!
急がねば!やらなければならないことはまだまだある。
ふとPC画面をみると外付けのSSDの名称が「17%$^#*2」こんな感じで文字化けをしている。
「……なんだろこれ?」
とてつもなくイヤな予感がしたのだが、とりあえずその先は考えないことにする。
目をそらすようにセットアップを進めるが、不安な気持ちを抑えられない。
「ナーニ、きっと大丈夫だろう」
とは思うものの、(多分ダメなんじゃないか?)という思いがよぎる。
 
外付けのSSD(超高速ドライブ)は本日の講義で使用するソフトシンセ類のデータがビッシリ入っており、いわば倉庫のような役割をしている。
近年のソフトシンセは大容量を謳ったライブラリが主流となってきており、例えば「OMNISPHERE2」は約60GB、「VintageVault2」で116GB、「KOMPLETE 11」で126GBと、目眩のするような膨大な容量を必要とするライブラリー量のものが多い。
ノートPCだと内蔵ドライブ128GBとかは割と普通にあるスペック、つまりソフトシンセ1本だけでも本体メモリー全部を埋め尽くしかねない容量なのだ。
ピアノ専用音源の「Ivory2」などにしても、ピアノの音だけで実に77GBもの容量を費やすことになる。
 
そして自宅作業と外作業といったように、別々のコンピューターにこれらをいちいちインストールするのは非常に効率が悪いので、僕は外付けSSDに一括管理をしているのだが……
 
そのSSDの名称がなぜか書き換わってしまっている。
それってつまり……もしかして最悪……
と思いつつ本日使用するシーケンスデータを開いてみると……
 
 
案の定いや〜んな感じの画面が表示される。
データが格納されているべき番地を見失って「どこどこ?」と困っている状態なのだ。
「Find all missing samples」というボタンを押しても予定調和のように見つからない。
 
そして僕は、外付けSSDにどんな名前をつけていたのか全く覚えていなかった。
 
つまり、本日使用する十数曲分の音色全てを再設定してやり直すか、気合いを入れてSSDの名前を思い出すかの二択を迫られることになった。1時間以内に。
どちらかの手段で解決しないと、今日の講義内容はかなりショボいものになってしまうことは明らかだ。
しかしメドレーのようにいろんな曲をデモ演奏するので、使用している音数は膨大だ。
とてもじゃないが小一時間で再設定できることではない。
しかしもう一方の「気合で名前を思い出す」って……どうやって?
 
どうする俺?
 
(またもやつづく)