「お知らせ」カテゴリーアーカイブ

おとなのためのDTM講座〜その7

第7回おとなのためのDTM講座の開催が決定しました。
とっくに決定はしていたのですが、告知がなかなか出来ませんでした。
ようやく講座内容が決まりましたのでお知らせいたします。
 
第一部はDTMについてのおおまかな解説、これまでの軌跡と進化の方向などを紹介しつつ、後半は前回好評だった「鼻歌をiPhoneに録音→PCにAirDropで取り込み→楽器の音色に差し替え→各パートで肉付け→完成」という実演をやりたいと思います。
ネタは毎回変えていきます。
度胸がついてきたら当日参加者の鼻歌をオケにするという“仕込みヤラセなし”にも挑戦したいところではありますが当分は無理です!(きっぱり)
毎回参加しても楽しい内容を目指しております。
 
第二部は今回も3つの内容を用意しました。
まずはエフェクター講座。
ディレイ、リバーブ、コーラス、ディストーション、聞いたことはあるけれども実際にはどういった効果があるの?という「今さら聞けない疑問」から、「イコライザー」「コンプレッサー」「リミッター」といったミックスに欠かせない重要なエフェクター、さらには「DeEsser」「アンプシミュレーター」といったプラグイン技術の中から生まれた新しいタイプのエフェクターも網羅。
今まで無意識に聞いていたあのサウンドはこうやって作られていた!といった視点から様々な最新技術も含めて紹介していきます。
「U2ディレイ」「ゲートスネア」といった固有名詞的定番となったサウンドの作り方などもレクチャーしたいと思います。
 
(コンパクトエフェクターを画面上に並べて音作り)
 
(マイクをどの位置に置くべきか?録られる音はどう変わるのか?)
 
そして、循環コード、メロディーライン生成法に続く作曲講座の第3弾は、「ツーコード進行と分数コード」の分析&解体&解説をしていきます。
より音楽的な内容に踏み込んでいきますが、ロックのカナメとなる「Riff(リフレイン、繰り返し」はフレーズだけではありません。
ツーコード進行の麻薬的効果、そして「ちょっとアタマイイ系」に聞こえる分数コードの使用例や実践例などを、これまた実例をバンバン取り上げながら楽しく分析していきます。
 
さらには前回時間的にたどり着けなかった「作曲と編曲とプロデュースの違い」についての教養講座を予定しております。またたどり着けないかもしれませんが(笑)
 
音楽を作ったことがないリスナーの方にも「知って得した!」と思える内容を目指していきます。
 
 
そして今回は初の土曜日開催。
次の日を気にせず痛飲できるという要望にお応えすべく…というわけではありませんが、実際土曜日の夕方からでも問題なく開催できるものなのか?と試験運用的な実施をしてみますので、日程をお間違いなく!
 
日時 2019年4月6日()
第一部16:00〜(60分)
第二部17:30〜(90分)
第三部19:30〜(120分?more?)
 
詳細と申込みは横田ベーススタジオからお願いします。
 
第一部「初級講座〜DTMとはなにか?」(60分+質疑応答)
・DTMとはなにか?
・ここまでコンパクトになった!DTMの歴史
・鼻歌をPCに取り込んでオンガクに昇華する実演
 
第二部「中級〜DTM実践講座」(90分+質疑応答)
・初級者向けエフェクター講座
・ヒットソングから学ぶ作曲講座3〜循環コード以前の2コード進行
・作曲と編曲とプロデュースの違いとは?
 
第三部 食事会という名の宴会(時間の許す限り)
 
それでは奮ってご応募くださいませ!
お待ちしております(^^) 

おとなのためのDTM講座〜その6

「おとなのためのDTM講座」2019年最初の開催となります。
現在並行して進んでいる電脳音楽塾プロジェクトと重複のないよういろいろと策を巡らせていた年末年始ではありましたが、ようやくそれぞれの方向性が定まってきました。
この「おとなのためのDTM講座」は今後もこれまで通りのコンセプトで継続させていくことになりました。
電脳音楽塾に関してはまた別途お伝えしていけたらと思います。
 
ところで昨年は映画の当たり年だったと思います。
「カメラを止めるな!」に夢中になった夏でしたが、下半期後半「ボヘミアン・ラプソディ」を観て衝撃を受けた方も多かったのではないでしょうか?
改めて音楽の魅力や魔力を再認識することになった方が多かったのではと思います。僕もその一人でありました。
圧巻のライブシーンが話題の中心となることも多いですが、僕が最初にゾクゾクしたのは序盤のレコーディングシーンでした。
実験感覚の試行錯誤からの模索こそが新しい音楽が生まれるために必要な行程であると改めて思いました。
そしてまだ音楽機材の進化途上にあった70〜90年代音楽は、まさに偉人たちの足跡がそのまま刻まれているようでもあります。
今後もそこに対する敬意を払い、過去音源の当時画期的だったアイディアなどを積極的に紹介しながら、明日への発想の手助けになれたら…と思っております。
 
 
おとなのためのDTM講座〜その6
日時 2019年2月17日(日)
 
第一部13:00〜(60分)
第二部15:00〜(90分)
 
申込受付等の詳細はヨコタベーススタジオの更新をお待ち下さい。
 
 
第一部「初級講座〜DTMとはなにか?」(60分+質疑応答)
・DTMとはなにか? 
・ここまでコンパクトになった!DTMの歴史
・実践!初級DTM講座
 
第二部「中級〜DTM実践講座」(90分+質疑応答)
・音の不思議、「逆層」の摩訶不思議
・ヒットソングから学ぶ作曲講座〜その2(メロディーライン)
・作曲と編曲とプロデュースの違いとは?
 
第三部 食事会という名の宴会(時間の許す限り)
 
第二部は「中級編」と一応のカテゴリー分けはしておりますが、DTM未経験者でも理解できる範囲にテーマは絞ってあります。
第6回となる今回は、好評だった前回に引き続きプラグインを用いたプロの技を直伝する実践コーナと、ヒットソングを例に挙げた作曲講座。口ずさみたくなる曲に共通した驚きの要素とは?
さらに知っていそうで意外に知らない音楽業界マメ知識コーナーも新設。みなさんの意見を元に改良し続けていきます。乞うご期待!
 
申込みの詳細は横田ベーススタジオのWebページにて!
第一部は毎回ちょっと空きがあります。「DTMってどんなものか知りたいかも?」という方はこれを機会に是非お申込み下さい!
第二部は毎回ほぼ満席となります。お早めのお申込みを!
そして第三部…毎回異常な参加率ですが、第三部だけの申込みはお断りしておりますが個人的には一番楽しいです(笑)

電脳音楽塾

SNSでの繋がり。
繋がってこそのSNS。
時として面白い繋がり方をすることがあるのがSNSだが、今回はかなり興味深い展開となった。
 
先日の「大人のためのDTM講座」のTwitter上の告知を、カメラマンのチャーリーさんが「イイネ」してくれたらしい。
そのイイネがたまたま電脳音楽塾の主催者INAさんの目に止まったらしく、そこからブログまで進んで詳細内容を読んでいただいたらしい。
 
そこから電光石火のごとくたちまち話が展開していった。
チャーリーさん経由でその日のうちにINAさんと連絡がつき、数日後には池尻の元公立中学校をオフィスに改造した「世田谷ものづくり学校」の中にある電脳音楽塾を訪れることになった。
 
 
INAさんといえばX JAPANのマニピュレーターであり、また故人であるhideさんのサウンドプロデューサーでもある、僕からすれば大先輩にあたるお方である。
 
いつぞや「マンスリーVAMPS」でロングインタビューを受けた時、インタビューをされたライターの方に「マニピュレーターの第一人者といえば松武秀樹さんだろうけど、ロック界のマニピュレーターならばINAちゃんだろうね」と言われたことがあり、「INAちゃんには敵わないだろうから2番手を目指したらどう?」とも言われたことを今でも覚えている。
 
これまでINAさんと面識がなかったわけではない。
Spin Aquaのレコーディング現場やVAMPSの楽屋でK.A.Z氏に紹介されたことはあったのだが、都度挨拶程度しか交わせておらず、対面して数時間お話ができたのは今回が初めてとなった。
 
 
経歴を見れば見るほどに自分とINAさんとの共通点を見いだせた。
INAさんの著書「君のいない世界」を読んだらさらに多くの共感を抱いた。
元々ロック畑にいたわけではなかったこと、ふとしたきっかけだったのか何かの運命だったのか、巨大な流れの中にいつの間にか乗っていてグイグイと人生が引っ張られるように動き、気がついたら全然違う世界に突入していたこと、でも自分という個は変わらず25年経っても基本やっていることは今も同じであること、etc,etc…
(関係ないけど塾内には無数のSTAR WARS関連のグッズが飾ってあり、そのあたりの嗜好にも共通点があるのでは?と密かに期待しており「きっとゾンビも好きな気がする」と勝手に思ったりしている(笑)
 
 
やりたい方向性でもいろいろと合致することが多かった。
でも自分ではやり方がわからない。
コネもなければツテもないんだもの。
ところがINAさんはそんな自分とは違い、全てをクリアーしていた。
大きな会社や組織との打ち合わせや話し合いなど、自分には到底できそうもないオトナ業務を確実にこなし「絵に描いた餅」を実食できるまでのカタチに既にされていた。
とてつもない行動力である。
 
そんな彼に「一緒にやりませんか?」と言われたのだ。
なんて力強いお誘いなのだろう。
 
 
YOKOTA BASE STUDIOで定期開催している「大人のためのDTM教室」は今後も続きます!(年内はもうありませんが)
それとは別の流れをもう一つ作っていくと思っていただければと思います。
電脳音楽塾のコンセプトに合わせた内容を企画しつつも、今後クリニックとは違う形式でも展開していけるよう、新たなスキル習得中でもあります。
期待して待っていてくださいね♪
 
 
チャーリーさんの「イイネ」のクリック一つで大きく話が動いたということになるのだろう。
ありがとうございます💖
 
もう一つ思ったことは…
ここ最近YOSHIKIさんとHYDEさんが組んでとても興味深いことをされている。
もしかしたらそんなアーティスト同士の流れが波及して、スタッフ同士であるINAさんと僕を巡り合わせてくれたのかもしれないなぁ…なんて思ったりもしている。
 
とにかく…
面白くなってきた!(・∀・)
 

おとなのためのDTM講座〜その5

おとなのためのDTM講座、早くも5回目の開催となりました。
ところで「大人のため」と銘打っているのには明確な理由があります。
 
・割と昔の曲を具体例にした解説が多い=大人向け
・「最新テクニックで差をつける」とかの内容はあまりない=大人向け
・「これでプロを目指す」というほどの内容でもない=大人向け
 
ぶっちゃけ玄人志向ではありません(笑)
しかし、「音楽を作る」「理解する」「楽しむ」といった方向性での発見や刺激なら、たくさん感じられ味わえると思います。
 
第一部で80年代音楽をテーマに選んでいるのにも明確な理由がありますが、それは講座を受けて「そういうことなのか」と理解を深めていただけたらと思います。
 
 
第一部「初級講座〜DTMとはなにか?」(60分+質疑応答)
・DTMとはなにか? 
・80’sサウンドの特徴
・80’sサウンドをお手本にした初級DTM講座
・揃えておきたい機材ガイド
 
 
 
第二部は「中級編」と一応のカテゴリー分けはしておりますが、DTM未経験者でも理解できる範囲にテーマは絞ってあります。
第5回となる今回は、DTMというよりもDTMを用いて音楽を分解して解析するという内容がメインになっており、音楽好きには興味深い内容になるかと思います。
かっこいいコード進行を思いつかない、インパクトのあるメロディーラインを作れない!とお悩みの本格志向の方には「なるほど!そういう方法があったのか!」と思わせるような方法を紹介しちゃいます。
とはいえ大ヒット間違いなしの名曲をぶっ放せることを約束するものではありません(笑)
むしろ「なぜこの曲は聴きやすいのか?なぜヒットしたのか?」という逆説的、結果論で構造を理解することに重きを置いております。
 
 
第二部「中級〜DTM実践講座」(90分+質疑応答)
・ギミック3→基本的なプラグイン「リバーブ」と「リバース」を使った技
・ボーカルエフェクトテクニック〜基礎編
・ヒットソングから学ぶ作曲講座〜その1(コード進行)
・ヒットソングから学ぶ作曲講座〜その2(メロディーライン)
 
 
第三部 食事会という名の宴会(時間の許す限り)
 
 
申込みの詳細は横田ベーススタジオのWebページにて!
 
 
第一部は毎回ちょっと空きがあります。「DTMってどんなものか知りたいかも?」という方はこれを機会に是非お申込み下さい!
第二部は毎回満席になります。お早めのお申込みを!
 
そして第三部…毎回異常な参加率ですが、第三部だけの申込みはお断りしております。
ちなみに前回は全三部中で一番人数が多く、座敷わらしがいたという説が濃厚です(笑)
 

おとなのためのDTM講座〜その4

おとなのためのDTM講座
第四回の日程が決定いたしました!
 
9月30日(日)
第一部13:00〜(60分)
第二部15:00〜(90分)
 
申込受付等の詳細はヨコタベーススタジオの更新をお待ち下さい。
取り急ぎ日程を先行してお伝えしておきます。
 


 
「音楽は好きだけれども今更演奏なんてムリ……」
とあきらめてしまっているあなたへ。
 
DTM( デスクトップミュージック)は「楽器が演奏できなくても、いやそれどころか楽器そのものを持っていなくても、パソコンの画面内であらゆる楽器を演奏させることができてしまう」という新しい音楽手段です。
画面をクリックするだけで数百の楽器の音を選ぶことができたり、音を鳴らしたり、あるいは一人でアンサンブルをすることだってできてしまいます。
最初は戸惑いも多いかもしれませんが、仕組みさえ理解できたらあとは自分のペースで音楽を作っていけます。
DTMってどんなものなんだろう?というあなたの疑問と好奇心にお応えする講座に参加してみませんか?
 
第一部「初級講座〜DTMとはなにか?」(60分+質疑応答)
・DTMとはなにか? 
・今なぜ80’sなのか? 
・DTM実演 
・揃えておきたい機材ガイド
 
第二部「中級〜DTM実践講座3」(90分+質疑応答)
・音の重ね方講座〜その2 ブラスとストリングス
・機械のノリと人間のノリ 生ドラムと打ち込みドラムの住み分け
・リズムマシーン徹底検証ガイド 80’s〜最新
・上記3項目の実例ガイド
 
第三部「食事会という名の宴会♪」(任意参加)
 
 
第三回に参加してくださったみなさんのアンケート内容なども加味し講義内容に反映していきたいと思っております。(まだ未回答の方は今からでも是非ご返答ください!)
 
参加してないけれども「こんなことを知りたいなぁ…」と思ったあなた、まずは参加を検討してみて下さいね!(^^)
Twitterでリクエストをリプライしてみるのもウェルカムです♪
 
初心者の方、DTMなんてなんにもわからんちん、という方も大歓迎♪
音楽を作ることは、案外簡単にできちゃうのです!
 
前回のプロモーション動画のリンクを再度貼っておきます。
 
 
この動画を見て「ほらやっぱり難しそう」と思ったあなたも、参加をすれば「あれ?案外いけるかも…」と思えるかもしれませんぞ?(※効果には個人差がありますという逃げを一応打っておく(笑)
 
どこかでこの続きのPVも作成したいと思っておりますが、「こんなことを動画にしてほしいなぁ」というリクエストがあれば、是非ツイートしてみてください♪

「アメリカ大陸弾丸横断バスツアー」を無料で読む方法!?

発売から一ヶ月が経過したタイトルの電子書籍ですが、お買い上げいただいた皆様、ありがとうございました。
そして本日は「う〜ん、ちょっと興味はあるんだけどなぁ…」と躊躇したまますっかり忘れてしまっている皆様に耳寄りな話をお持ちいたしました。
 
なんと!一ヶ月間限定ではありますが、アマゾンの電子書籍システムの「お試し期間」を利用することで、拙著「アメリカ大陸弾丸横断バスツアー完全攻略ガイド〜サンフランシスコからニューヨークまで激走12,000Km全記録〜」(う〜んやっぱりタイトルが長すぎた)を無料で読める方法がありました!
 
方法は実に簡単!
「Amazon Kindle Unlimited」の一ヶ月無料トライアルに申し込むだけ!
 
「でもKindle(ハードウェア)がないと読めないんでしょ?」とよく質問されるのですが、現行のほぼ全てのスマートフォンやタブレットやPCがKindle電子書籍リーダー「Kindle(ソフトウェア)」に対応しています。
(Kindle ハードウェア)
 
(Kindle ソフトウェア)
 
(ほぼ全てのデバイスに対応しているKindleアプリ)
 
 
そして僕がこれまで出版した電子書籍は全部で6冊ありますが、全てがこの「Kindle Unlimited」に登録してあるので、実のところ全てを無料で読むことが可能なのです。(一ヶ月以内に読破するのであればですが)
 
最初の数ページをちょっとだけよ?といった従来の試し読みではなく「全部出し」のキャンペーンのようなもの?
 
一ヶ月間限定!是非お試しください!
 
そして、時々読み返したくなったりした方は、あのぉそのぉ…是非お買い上げいただけたらと思います(^^) ←話の主旨
 
 
※尚、Kindle Unlimitedは自動更新となるので一ヶ月以内に解約をしなかった場合は次月より月額980円がかかります。自分には必要ないと思ったらそれまでに解約手続きを完了させる必要がありますが…かなりの数の雑誌やちょっと古めのマンガの読み放題サービスは生活の隙間を豊かにしてくれます♪使用パケットにしても動画と比べたらごくわずかの容量。便利を体験してみて下さい(^^
 
江口寿史の作品が読み放題とか!人気のあの雑誌がいつでもすぐに読めるとか!
 
↓このリンクからも読み放題でのダウンロードができます。
 
 

大人のためのDTM講座 PV

いよいよYouTuberデビュー?
冗談です。
一度こういう解説動画を作ってみたかったので作ってみました。
7分程お付き合いくださいませ。
 
 
解説内容は「DTMは本当に簡単なの?」と思っている方に「簡単ですよ」とお伝えするといったシンプルなモノとなっております。
次回はもうちょっと大きな声で話せたら…と思います(^^;
 
さすがに内容的にiPhoneの内蔵マイクというわけにもいかずに二つの動画とは別に録音をしたのですが、まー動画に音を合わせるのが大変なこと!(一部微妙にズレている箇所もありますが気にしないでください)
 
「大人のためのDTM講座〜その3」は絶賛受付中!
 

おとなのためのDTM講座〜その3

「音楽は好きだけれども今更演奏なんてムリ……」
とあきらめてしまっているあなたへ。
 
DTM( デスクトップミュージック)は「楽器が演奏できなくても、いやそれどころか楽器そのものを持っていなくても、パソコンの画面内であらゆる楽器を演奏させることができてしまう」という新しい音楽手段です。
 
画面をクリックするだけで数百の楽器の音を選ぶことができたり、音を鳴らしたり、あるいは一人でアンサンブルをすることだってできてしまいます。
最初は戸惑いも多いかもしれませんが、仕組みさえ理解できたらあとは自分のペースで音楽を作っていけます。
DTMってどんなものなんだろう?というあなたの疑問と好奇心にお応えする講座に参加してみませんか?
 
第一部「初級講座〜DTMとはなにか?」(60分+質疑応答)
・DTMとはなにか? 
・今なぜ80’sなのか? 
・DTM実演 
・揃えておきたい機材ガイド
 
第二部「中級〜DTM実践講座その2」(90分+質疑応答)
・音の重ね方(リアルサウンド+デジタルサウンド)
・ギミック講座〜1(変拍子やブレイクに学ぶ音楽効果)
・実践ドラム打ち込み(機械のノリと人間のノリ)
・プラグインソフト紹介(MODO BASS)
 
第三部「食事会という名の宴会♪」(任意参加)
 
【日程】2018年8月26日(日)
【時間】Open 一部13:00〜、二部15:00〜 
【参加費】一部2,000円、二部3,000円(+税)※当日現地精算です。
【定員】25名 ※年齢制限はありません
【場所】YOKOTA BASE STUDIO 多目的ホール
【住所】東京都町田市原町田1-6-24 田島第二ビル地下1F
 
予約は電話、メール、店頭対応
電話番号042-723-4888
 
 
あのテクノポップの名曲サウンドがよりリアルに蘇る?(第一部では80年代シンセサウンドの名曲をメドレーで実演するコーナーが冒頭にあります)
 
第二部では最新プラグインも紹介!サンプリングベースと物理モデリングの違いとは?只今絶賛探求中。
 
「よくわかんないけどなんだか面白そう!」と思ったあなたは素質あり!
町田はやや遠いという方も、奮ってご参加ください♪
参加申し込み、お待ちしております!
 
予約は電話、メール、店頭対応
電話番号042-723-4888

アメリカ大陸弾丸横断バスツアー

アメリカ大陸弾丸横断バスツアー 完全攻略ガイド
サンフランシスコからニューヨークまで 爆走12,000Km全記録

アメリカ大陸弾丸横断バスツアー 完全攻略ガイド

 
“ついにこの時が来た。
全米ツアーが決まった時からワクワクドキドキしていたことであり、そして覚悟していたことでもある。
サンフランシスコからニューヨークまでの行程全てバス移動のみの旅、(H)地点ラスベガスから先はいよいよ未体験領域に突入していく。
フリーウェイの発達した現在、ROUTE66は通らない。したがって「バグダッドカフェ」や「ラジエーター・スプリングス」を通ることも残念ながらないのだが、正真正銘文字通りアメリカ大陸をいよいよ本格的に横断していくのだ!(「1,625km移動行程記~1」より抜粋)”
 
 
ダイエット本「楽痩せ」シリーズ、架空現実小説「ダイエットミュージシャン」から一年四ヶ月の沈黙を破りいよいよ再始動、JIN SAITO 電子書籍第三弾!
 
アメリカ大陸
弾丸横断バスツアー
完全攻略ガイド
〜サンフランシスコからニューヨークまで
激走12,000Km全記録〜
例えようもなく多忙なこの時期にも関わらず、
読破していただいたHYDE氏からのコメントをいただけました!
 
2015年4〜5月、SIXX:A.M.帯同ツアーの12,000Kmの全記録にはじまり、その他計6回に及ぶバスツアー、南北アメリカツアー、ヨーロッパツアー、アジアツアーと世界中を駆け巡り、地球8周分以上を移動し続けてきた我々の経験の一部を、一冊の本に凝縮しました!
 
笑いあり涙はなし、当時のノンフィクションリアルタイム記録を再構築、僕らのロードムービー的読み物ここに完成!
 
大陸横断バスツアーの詳細を完全収録!
 
第一章「バス旅行記編」……起点サンフランシスコから最終地ニューヨークまで細分化した日記全25項目
 
第二章「長旅準備編」……スーツケースのサイズからおやつや酒の肴まで、こだわり抜いた全8項目
 
第三章「バス生活と日常編」……バス内部の徹底解説からアメリカ通信事情からカジノ必勝法まで、無駄にリアルな全17項目
 
計50項目、約12万字の文章に加え、写真163枚、現在地や移動ルートを示す地図54枚、インタラクティブにアクセスできる全ルートマップなどで固めた圧倒的な情報量と無駄に手の込んだ前代未聞の大陸横断バスツアー完全ガイド。
 
 
VAMPSファンのみならず、マンウィズやワンオクといった、海外アクティブバンドの詳細を知りたいけどよくわからない「海外バスツアー生活の全てが記された唯一の本」であり、ファンのみなさまはもちろんのこと、アーティストのみなさまもまた必読の本であること間違いなし!(ためになりますよ〜)
 
また全米デビューを控えたあなた、これから全米デビューを夢見るあなたも、これさえ読んでおけば快適な弾丸バス生活を過ごせるスキルを身につけられます!
転ばぬ先の杖!デビューの前に必ず読んでおきましょう。
 
そして言うまでもなく「ツアーバスあるある」うんちくアップ率75%以上を保証!
「ツアーバス搭乗4級検定」合格率アップ間違いなし!(そのような検定試験があればの話ですが)
 
……と様々な矛盾を孕んでいることを重々自覚した上での謎の書。

「同じバスに乗ってたのに知らないことだらけ!勉強になりました!」
同乗者にして大陸横断ツアーの首謀者であるHYDE氏を唸らせた細かすぎる攻略本、堂々完成!
 
唐突ながら本日発売!
 
アメリカ大陸弾丸横断バスツアー 完全攻略ガイド
〜サンフランシスコからニューヨークまで 激走12,000Km全記録〜
※KDP電子書籍を読むには各デバイスに対応した「Kindleアプリ(無料)」が必要です。お手持ちのスマートフォン、タブレット、パソコン等にあらかじめアプリ本体をインストールをしてからご利用ください。
※インストール方法や電子書籍の購入方法、Kindleアプリの使い方などは次のエントリーで解説してあります。